近年増える"ワークママ" 〜休みにくい社会〜どう思われるかなんて考えずに笑顔で家族のために頑張れただろうか




近年増加する"ワークママ"

子供を保育園に預け
仕事に行き8〜10時間働き
仕事が終わり急いで保育園に迎えに行き
そのままスーパーに駆け込むママたち。

コンビニでも疲れ果てたママが子供と
かい物する光景も見かけます。



もう1人子供を欲しくても仕事が忙しい。や
育休、産休。がとりずらい。
何らかの事情でワークママを辞められない
そんな方々も居ますね。


本当は一緒にもっといてあげたい。
そんな気持ちをも押し殺して
仕事に邁進する。

ただそんな中で子供が熱を出した。
子供が病気になった時

"休みずらい" 会社が増えている。

少子化問題が上がっている割に
会社、社会が
対応しきれてないんだろうか。


彼女たちは
だから
"病児保育"を活用する。
"祖父祖母"に頼る。

病気の時に一緒にいたい気持ちも
きずけば社会にのみこまれている。

保育園で嬉しそうに子を抱きしめる母を
沢山見るが心がぎゅっと痛くなり
さらに暖かくなる。
この社会が柔軟であれば
数や形にとらわれず
子供と向き合う時間を増えるのだろうか?




そして


金銭的理由で働かずにはいられない。
子供といたいが
お金のために仕事をするしかない。


そうゆう母たちはたくさんいる。


私はたまに見かけるのだが
仕事から帰ってきたお母さんが
嬉しそうに福祉バスを待っている姿
彼女は短いスカートに
派手なtopsを着てハイヒールを履いていた。
信号待ちしている間に
彼女は誰かと電話で
"今日はありがとうまた指名してね
今度はもっと気持ち良くするね"とゆっていた。
白昼堂々で、声もでかかったから
私はビックリしたのだが。
不意にニヤついてしまった。

後日またあった時には
そのお母さんは子供3人と歩いていた。

子供がそんなにいたことにも
ビックリだったがさらに
母子寮に帰っていった。

ちょうど私と息子が母子寮の前の公園で
遊んでいる時のことだったから分かった。


金銭的理由で朝昼で体力的に辛い仕事を
しているんではないだろうかと。
色々考えたが
どちらにしろかっこよく見えた。
どんな仕事だろうと
育てていきたい母の姿が
輝いて私には見えた
たとえ服装が浅はかな格好だろうと。
私にはかっこよく見えた。


彼女たちも何かを背負いながら
社会にもまれながら生きている。


一人一人が
戯言でもなく
本気で向き合える世の中だったら


今どんな世の中だろう。

"どう思われる"かなんて考えず
自分らしく
笑顔で家族のために
今日も頑張れただろうか




しおり
記事一覧を見る

M I N Aの人気記事

  • リクエストA: 〜過去があるから今がある〜 ギャル時代
    投稿日時:2019-03-22 14:23:11
  • 初めましての方もそうでない方もまずは私の自己紹介から
    投稿日時:2019-03-17 22:44:45
  • リクエスト: my body♀make up について. グラマラスな女性を憧れにしている方々へ
    投稿日時:2019-03-19 17:53:03

おすすめトピックス

ビューティカテゴリーランキング

美容情報カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ