11.



どこか悲しげで



それでも誰にも負けないオーラがあった




彼女の名前、



それを彼が知ったのは、桜の蕾が芽生えた




まだ肌寒い日のことだった。






彼女の名前、それは…




「瑞希(みずき)。」




彼はそのみずきって名前が何となく頭から離れなかった。




『瑞希…』
しおり
記事一覧を見る

hiro☆の人気記事

  • before.01
    投稿日時:2020-05-11 14:05:26
  • 12.
    投稿日時:2018-05-04 18:58:47
  • 11.
    投稿日時:2018-04-05 18:16:02

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ