主婦のキャッシングと法改正


貸金業規制法が改正されることによって、
キャッシングがしづらくなると言われています。

家庭の主婦で、
夫に黙ってキャッシングをしていたという場合は、
改正によってお金を借りづらくなりました。

融資金額の総量に制限が課せられたことが、
改正内容の中でも大事な点です。

専業主婦業にある人はまとまった収入がありませんから、
収入額に応じて借入金額の限度が決まるという今回の法律改正では大きな影響を受けるのです。

法律が改正される前は、
主婦でも利用できるキャッシングも多く、
家計のやりくりに活躍していたようです。

しかし、
法律が改正されてからは、
証明書がなければ融資は受けられません。

主婦は収入がないので、
キャッシングの利用をするには配偶者の所得証明や源泉徴収票などの書類を出さなければなりません。

婚姻を証明するために住民票や戸籍謄本なども必要です。

キャッシングを利用することを認めるという夫の許可を明記した書類も作らなければなりません。

主婦が気軽にキャッシングを利用することはできなくなり、
厳しい審査と煩雑な書類の提出がキャッシングでは求められるようになりました。

夫に何も言わずに融資を受けていた主婦が、
借金が多く成りすぎて一家崩壊を巻き起こすという事態には、
これなら起こらないかもしれません。

主婦がたくさんお金を借りるようにと工夫をこらしていたキャッシング会社にとっては、
改正の影響は大きなものです。



しおり
記事一覧を見る

Konomiの人気記事

  • カロリーコントロールに役立つダイエット中のランチ
    投稿日時:2014-03-27 12:18:02
  • カロリーコントロールダイエット中の食事
    投稿日時:2014-03-27 12:48:02
  • クレジット会社を選択する時には
    投稿日時:2014-04-10 17:48:03

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

セレブカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ