キャッシングと法改正


キャッシングは法改正の影響を受けています。

景気の落ち込みが続いていること、
収入が激減した人が増加したことから、
キャッシングの利用者は増加しています。

ローンをはじめ、
キャッシングなどの個人に対する貸し付けが身近になった分、
多重債務者も増え、
今や社会問題にまで発展しています。

返済不能による自己破産者が増加していたことには、
法律のグレーゾーンによる高い金利での貸し付けが行われてきたことによります。

非合法の金貸しの存在もバックにはあります。

政府はキャッシングの取り締まりのため、
これまでも色々な形で法律改正を行ってきました。

貸金業規正法も一部が改正されました。

グレーゾーンも撤廃され、
金利も上限20%に統一されました。

法律に違反した人へのペナルティも強くなったことで、
非合法業者への取り締まりも強くなりました。

これまでは出資法によって定められていた29.2%の金利が上限でしたが、
改正によって上限も引き下げられました。

法改正はキャッシングに関していいことばかりかというと、
問題点もあります。

今回の改正で注目すべき点に、
過剰貸し付けの抑止があります。

キャッシングなどを利用する場合には債務超過にならないように、
いくつか制限がつけられることになりました。

かつては手軽にお金を借りることができたものの、
キャッシングに関する法律が改正されたことで借入金額に限度額が課されるというようになりました。



しおり
記事一覧を見る

Konomiの人気記事

  • カロリーコントロールに役立つダイエット中のランチ
    投稿日時:2014-03-27 12:18:02
  • カロリーコントロールダイエット中の食事
    投稿日時:2014-03-27 12:48:02
  • クレジット会社を選択する時には
    投稿日時:2014-04-10 17:48:03

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

セレブカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ