"コイは底で餌をとる魚であるが、沈む餌は食べ残しが水質を悪化させるおそれがあるため、単に栄養バランスが取れているだけではなく、水に浮くように作られている餌を与えると飼育の手間がかからないとされる。

インターネットの拡大に従い、インターネット提供も広まっている。

春になり水が温まるまでは食欲は戻らない。

日本では1990年代頃から観賞魚として熱帯魚が多数派になってきているが、外国では錦鯉人気が上がってきている。

コイは餌をくれる人を識別するので、餌の時になると集まってくる。

産卵、孵化、稚魚の飼育などの手段は金魚と同じでよい。

水に浮く餌を与える場合には彼らが餌を水面近くで餌を食べている間に、寄生虫や潰瘍がないかチェックすることも可能な。

彼らは手から餌を食べるように教えることも可能な。

水準を満たすまで向上するまで金魚との識別が困難であるため、鯉と金魚を区別したい場合は、金魚と別の容れ物で飼育する事が望ましい。

冬には消化器系の動きが遅くなりほとんど停止するので、餌はそんなに食べなくなり、底の水草をかじる程度になる。

"



錦鯉 値段
しおり
記事一覧を見る

purpleballloonsの人気記事

  • ダンス
    投稿日時:2021-04-20 11:08:48
  • 雑貨
    投稿日時:2021-04-13 16:36:44
  • hhhhhhhh
    投稿日時:2021-03-04 16:33:29

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

音楽カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ