1526

母:

『あの…これは…』


禿:

『わしの前にも客ついてたんか?


わしの精子で埋め尽くさないとなぁ。』


禿はまたもや笑いながら、母ちゃんにク○ニを始めた。


母ちゃんは喘ぎながら、自分の巨乳を揉み始めた。
しおり
記事一覧を見る

のんちゃんの人気記事

  • 大変なことが起きました
    投稿日時:2018-09-23 23:44:38
  • 命日
    投稿日時:2018-07-07 08:22:06
  • 1564
    投稿日時:2018-07-23 20:23:15

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ