今日からできる!【愛され彼女】になるための変化3つ

恋愛
ハウコレ
2022/01/29 15:19

男性にとっての「理想の彼女像」には多少の個人差はありますが、おおむね「こういう彼女が愛される」という基本的なイメージは、ほとんどの男性にとって共通です。ということで今回は、その「愛され彼女」のイメージに近づくために、みなさんにぜひ今日から実践していただきたい3つの「変化」をご紹介していきます。

■「わかってよ」→「私はね」

彼氏が自分の気持ちを理解してくれなくてイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、そんなときも「わかってよ」と一方的に丸投げするのではなくて、丁寧に「私はこう感じたんだよ」と自分の気持ちを説明してあげるのが、愛されのコツです。基本的に男性は女心を理解するのが苦手ですが、こうやって分かりやすく自分の気持ちを言葉で噛み砕いて伝えてあげることで、彼氏はだんだんと「彼女の気持ちが理解できる」→「気持ちが理解できるから悲しませる行動を避けて、喜ばせる行動ができる」となっていきます。

■「しないでよ」→「してくれたら嬉しい」

伝え方の問題ですが、彼氏に不満などを伝えるときでも、「〇〇しないで」と禁止口調で伝えるよりも、「〇〇してくれたら、私は嬉しいな」とポジティブに伝えてあげるのがコツです。「〇〇するな」と言われると人は反発したくなりますが、「〇〇されると嬉しい」と言われると、ついついその通りにしてあげたくなるのが人の心理です。こうやって言い換えるだけで、彼氏のことをうまく「イイ彼氏」に導いてあげられます。

■「好き?」→「好き」

愛されているかどうか不安なときには、ついつい「私のこと、好き?」みたいに質問したくなってしまうかもしれませんが、彼氏からすれば、これは不信感を投げかけられているわけなのであまり良い気はしません。だったらシンプルに「好きだよ」と言った方がはるかにマシです。要するに「好き?」も「好き」も趣旨は同じ(あなたのことが好きだよ)なので、だったら不信感を伝えるよりも愛情を伝えた方がいいでしょ、ということです。

■まとめ

さて、どれも本当に今日から即実践できる小さな変化ですが、時間が経つにつれジワジワ効いてくる重要な変化です。これを読んだんだから、「私はやらない」という選択肢はナシ!絶対に実践してみてくださいね。(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません