志尊淳、高畑充希に突っかかるナマイキ部下役 “恋の予感”も<ムチャブリ! わたしが社長になるなんて>

ニュース
モデルプレス
2021/11/26 05:00
【モデルプレス=2021/11/26】俳優の志尊淳が、2022年1月期の日本テレビ系新水曜ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』(毎週水曜よる10時〜)に出演することがわかった。

志尊淳(提供写真)
(写真 : 志尊淳(提供写真))

【写真】志尊淳、叔父が実はあの人だった ジャニーズとの繋がりにファン騒然

◆志尊淳、ナマイキ部下役に 高畑充希と“恋の予感”?

主演は『過保護のカホコ』『同期のサクラ』など水曜10時枠で刺激的で魅力溢れるキャラクタを演じてきた高畑充希。これまで水曜10時枠で演じてきたキャラクターとはガラリと変わって「30歳OL、出世欲ナシ彼氏ナシ、でも『今のままでいいのか?』と思い悩む」、等身大のキャラクター・高梨雛子(たかなしひなこ)を演じる。

雛子に突然降りかかる「子会社の社長就任」という特大のムチャブリ。さらに、ナマイキ部下とカリスマ社長との間で揺れ動く“恋の予感”も…。果たして、新米社長・雛子の運命は!?

物語は、ヒロイン雛子が仕事や恋に体当たりで乗り越えていく様子を通して、ひとりの女性として素敵に成長していく姿を描く。そんな雛子が社長を務める「株式会社リレーション・フーズ」へ出向し部下となる、大牙涼(たいが・りょう)役に、様々な作品で2枚目からトランスジェンダーまで、柔らかな表現力で自在に役を演じ切り、各界から脚光を浴びている最旬演技派俳優の志尊が決定。

志尊演じる大牙は、クールで無愛想。何かにつけて、ヒロイン雛子に突っかかる“ナマイキ部下”という役どころ。本社では優秀でデキる若手と評判だったのに、突然の出向辞令で新米社長・雛子の部下となり、愛想笑いばかりで社長らしい振る舞いができない彼女にイラ立つばかり…しかし、諦めず前を向く雛子の姿に感化され、彼自身も大人として成長していくという繊細なキャラクター。そして、近づいたり離れたり、二人の距離感も本作の見どころのひとつとなっている。(modelpress編集部)

◆登場人物紹介

・大牙涼(たいが・りょう)(25)

『株式会社リレーション・ゲート』マーケティング部。入社3年目ながらマーケティングの賞を受賞するなど優秀だが、人の気持ちよりもデータを信じ行動するタイプ。そんな大牙に突然、子会社『株式会社リレーション・フーズ』への出向の辞令が!突然の人事に不満を抱きながらも、置かれた状況に対応し、自分の仕事をこなしていく。なぜか雛子に突っかかり衝突することもしばしば。これは雛子への嫉妬?それとも…

◆志尊淳コメント

昨年は、このお仕事をさせて頂いてから10年を迎えることができ、個人的にも色々なことがあった年になりました。2022年は色んなことに楽しく挑戦したい。そんな中このお話を頂きました。昔から知っているプロデューサーさん、そして初めてお仕事させて頂くスタッフさん、共演者の方々。

自分にとっても新鮮な作品・役柄で今からワクワクしています。新たな自分を大牙涼という人を通して表現できたらなと思います。色々な事がある毎日ですが、皆さんがホッとできるような時間を作れるよう、頑張ります。お楽しみに。

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません