よく好きって言わないからこそ!気持ちを伝えるのが苦手な男性の特徴

恋愛
ハウコレ
2021/10/14 08:19

男性には、気持ちを伝えるのが苦手な人もいます。むしろそうした男性の方が多いかもしれません。気持ちを伝えるのが苦手な男性は、どういった特徴を持っているのでしょうか?あなたの好きな男性に当てはまるかどうか、確認しながらご覧ください。

■口数が少ない

女性へ気持ちを伝えるのが苦手な男性は、基本的に口数が少ないです。思っていることがあっても言葉にしないため、必然的に口数が少なくなるのでしょう。なので、女性からしてみたら「大人しい人」と感じるかもしれませんね。とはいえ他の男性と同じくらい、思っていることや考えていることがあるもの。そんな彼の気持ちを知りたいなら「どう思ってる?」と、引き出してあげてください。

■LINEは短文になりがち

気持ちを伝えるのが苦手な男性は、短文のLINEをしがち。「うん」「そうだよね」といったように一言で返信します。これを「そっけない」と感じる女性は多いようですね。ですが、気持ちを言葉にするのが苦手なため、男性にとってはそれが精一杯。普段会話をするとき口数の少ない様子が見られるなら、たとえ短文でも「苦手なんだな」と察してあげましょう。

■深く考え過ぎる

「こう言ったら引かれるかも」「こう言ったら誤解されるかも」と、深く考え過ぎる男性も気持ちを伝えるのが苦手です。しかし、これは相手の女性を思うからこそ。「傷つけたくない」「嫌われたくない」という心理から、つい考え過ぎてしまうのです。言い方を変えれば、慎重な性格の持ち主と言えますね。女性の気持ちを考えた行動でもあるため、思いやりのある男性かもしれません。

■浮気をしにくい

好きな男性から愛情表現されないと「寂しい」「不安」と感じてしまうでしょう。ただ、気持ちを伝えるのが苦手な男性は浮気をしにくいです。そう考えたら、その男性に魅力を感じるのではないでしょうか?「好き」などとはなかなか言ってくれませんが、浮気の心配をする必要はありません。そういった意味では安心感を与えてもらえるはずです。気持ちを伝えるのが苦手な男性に「男らしくないな」と思っていた女性もいるでしょう。でも、そうした男性にしかない魅力もあるもの。もしかしたら彼こそが、あなたを幸せにできる男性かもしれませんよ(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません