<おかえりモネ 第109話>動けなくなった亮の船…百音たちは無事を祈る

エンタメ
モデルプレス
2021/10/13 08:30
【モデルプレス=2021/10/13】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時〜、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分〜)の第109話が14日、放送される。

清原果耶、蒔田彩珠 (C)NHK
(写真 : 清原果耶、蒔田彩珠 (C)NHK)

【写真】菅波先生(坂口健太郎)、百音(清原果耶)を優しくハグ 寄り添う姿に視聴者悶絶

◆清原果耶ヒロイン「おかえりモネ」

連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・清原演じる永浦百音が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。安達奈緒子氏の脚本による、オリジナル作品となる。

◆第109話あらすじ

夜、百音(清原果耶)の予測通り気仙沼市は風が強まり、海は大しけとなる。そこへ、滋郎(菅原大吉)から「亮(永瀬廉)が乗っている船が低気圧にはまって動けなくなっている」との連絡が入る。

百音は、野坂(森田望智)、内田(清水尋也)とも連携し、天候を分析して打開策を探る。

未知(蒔田彩珠)をはじめとする永浦家の面々、幼なじみたち、そして新次(浅野忠信)は、それぞれの場所で亮の無事を祈り続ける。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません