<おかえりモネ 第89話>百音、一刻も早く行動する選択を迫られる

エンタメ
モデルプレス
2021/09/15 08:30
【モデルプレス=2021/09/15】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時〜、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分〜)の第89話が16日、放送される。

清原果耶 (C)NHK
(写真 : 清原果耶 (C)NHK)

【写真】菅波先生(坂口健太郎)、百音(清原果耶)を優しくハグ 寄り添う姿に視聴者悶絶

◆清原果耶ヒロイン「おかえりモネ」

連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」は、「海の町」宮城県・気仙沼に生まれ育ち、「森の町」同・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・清原演じる永浦百音が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。安達奈緒子氏の脚本による、オリジナル作品となる。

◆第89話あらすじ

台風12号は、大きな被害をもたらすことなく、雨のピークは収まりかけていた。

そこへ長野に住む高齢女性(大方斐紗子)から電話が入る。「うちの裏山の小川が、川になったら危ない。ふもとの番場川が暴れる」との内容だった。

同じころ、ウエザーエキスパーツにいた朝岡(西島秀俊)も、長野の河川の異変に気付き始めていた。

気象班チーム、朝岡、それぞれに、どう伝えたらよいか、一刻も早く行動する選択を迫られる。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません