【2021秋冬トレンド】コロナ禍で「上半身映え」意識高まる 個性豊かな“技ありヘア”にも注目<TGC2021A/W>

ファッション
モデルプレス
2021/09/09 19:21
【モデルプレス=2021/09/09】9月4日、「第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER」がオンライン配信にて開催。ここでは、同イベントのファッションステージからトレンドのスタイリングを紹介していく。

(左上から時計回りに)中条あやみ、遠藤さくら、渡邉理佐、生見愛瑠、吉川愛、福原遥 (C)モデルプレス
(写真 : (左上から時計回りに)中条あやみ、遠藤さくら、渡邉理佐、生見愛瑠、吉川愛、福原遥 (C)モデルプレス)

【写真】みちょぱ、大倉士門との交際期間・同棲を赤裸々告白

◆コロナ禍で「上半身映え」がテーマに

コロナ禍で外出の機会が減っている今、社会と繋がるツールの一つとして台頭しているのがSNS。オンライン飲み・リモート会議などが定着し、今季は画面に映る上半身に思いっきりフォーカスしたファッションが流行。

デザイン性の高いトップスはもちろん、落ち着いた色を選びがちな秋冬に思い切ってカラーアイテムを取り入れたコーディネートも数多く見られた。

新川優愛、櫻坂46の渡邉理佐は、それぞれ特徴的なデザインかつ色物で明るい印象に。

志田彩良はベーシックなブラウスにオレンジのカーディガンをディレクター巻きし、中町綾はスカーフでこなれ感を演出していた。

◆柄物トップス×大ぶりアクセ

もちろん柄物トップスの着こなしも多く、櫻坂46の土生瑞穂、日向坂46の齊藤京子らは大ぶりのアクセサリーをプラスオン。

乃木坂46齋藤飛鳥はタートルネックの上に柄シャツを重ね着し、メガネで雰囲気をガラッと変えた。

◆キュートな技ありヘアも続々

ヘアアレンジもとびきりこだわるのが今年流。みちょぱこと池田美優は大胆に三つ編みツインテール、村瀬紗英はロープ編みポニーテール、日向坂46の佐々木美玲は編み込みツインテールと技ありヘアで登場した。

若月佑美は毛先を青く染めスタイリッシュに。久間田琳加や福原遥、乃木坂46遠藤さくらも、アップヘアにリボンやスカーフを合わせて個性を出していた。

また、吉川愛や愛花のような主役級ハットたちもチェックしておきたい。

◆ロングブーツの流行継続

2020年からロングブーツの流行も継続。中条あやみや生見愛瑠のように美脚を際立たせるスタイルはもちろんのこと、櫻坂46の山崎天(※「崎」は正式には「たつさき」)や乃木坂46の久保史緒里のようにあえて肌見せをしないなど、無限の楽しみ方ができるアイテムだ。

◆サステナブルファッションの重要性

サステナブルなファッションを長期に渡って発信し続けている「TGC」。今回のテーマは“脱炭素”。

すでに紹介した新川や日向坂46齊藤、福原のほか、乃木坂46山下美月やなごみもサステナブルなアイテムを提案した。自分らしさを忘れずに好きなファッションを楽しむために、人や環境に配慮したアイテムを選ぶことが重要となる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません