どうしょう...彼がいながら「他に好意を抱いてしまった」時って?

恋愛
ハウコレ
2021/08/03 18:20

彼という存在がありながら、なぜか他の異性に目を向けてしまう......。罪悪感がありながらも自分の気持ちに嘘はつけないことは少なくありません。彼のことを思えば思うほど、自分のことをせめてしまいがちです。まずは、落ち着いて自分の気持ちを整理してください。

■彼を失う覚悟

他の異性に対してドキドキしてしまったら、彼を失う覚悟をしなければいけません。彼を失うということは、それだけ大きなことなのです。自分だけが、他の異性に好意を抱きながら彼の側にいるのは、彼をより傷つけることとなりかねないのです。相手を思うことによって、自分自身がどうするべきなのか自ずと答えがうまれていきます。

■距離をおく

本当に彼と別れても良いのか?迷った時は、彼と距離をおいてください。不思議なもので、側にいなくなってから彼の存在の大きさに気づくことが多いはずです。分からないだけであって、彼がいなくなった時に彼が必要なことがわかります。別れて失った時に後悔をしても意味がないのです。彼に対してきちんと誠意をもった対応をしてください。

■気持ちの整理

落ち着いたのであれば、気持ちの整理をつけてください。自分自身がどのように行動するべきなのか、道筋を作ることが大事です。すると、気持ちが楽になり自分にとってもどうするかが答えを見つけられます。落ち着いて、後悔のない決断をしてください。

■好きなのか?

彼以外の異性を好きになった場合、好きという感情が一時的なことも少なくありません。本当に本心で好きなのかどうか、考えなければ困る結果となります。相手のことを理解して好意を抱いているのか、あるいは相手の性格を知っているのか見た目だけで一目惚れをしたのであれば特に注意が必要なのです。

■まとめ

彼のことを思って考える行為も、なかなか気持ちが伝わらなければうまくいきません。一時的な感情で行動すれば、もちろん後悔に繋がります。そうならないために、どうするべきなのかきちんと考えた上で行動してください。(eluna/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません