賛成してほしいのに!両親が【結婚に反対】してくる場合はどうする?

恋愛
ハウコレ
2021/07/29 15:19

成人していれば結婚はお互いの同意があり、保証人がいれば問題なくできるものです。しかしながら、少なくとも自分や相手の両親には結婚に賛成して祝福してほしいと思う人は多いでしょう。そんな中、相手の両親は賛成してくれているのに、自分の両親に反対されてしまう場合、どうすれば良いのでしょうか。

■反対する理由を聞く

まず反対される理由を聞きましょう。たとえば彼の素行が悪くて反対されるのであれば、彼のことを理解してもらうために時間がかかるかもしれません。そういう理由の場合、時間がかかってもしっかり理解してもらうことが重要です。しかしながら「娘が離れていくのが寂しい」や「芸能人じゃないと認められない」など子離れしていない現実的な理由で反対している場合は無視した方が良いこともあります。まずは両親と腹を割って話し合い、反対する理由を聞きましょう。

■彼の味方になって動く

両親に結婚を反対される時、自分は非常に辛い思いをするでしょう。しかし、あなた以上に彼自身が認められないことに動揺している可能性があります。彼の気持ちに寄り添い、彼をフォローしながら動くようにしましょう。間違っても両親と一緒に彼の過去を責めるなど、両親側に立つ行動をしてはいけません。

■彼の家族への配慮も忘れずに

彼の家族にとっては「しっかり育ててきた息子を否定する両親の娘」という印象を持たれる恐れもあります。彼の家族に対しても配慮をするようにしましょう。「両親が頑固で」のように、両親を下げることが大切です。あなたのこれから始まる相手の親戚とのスタートがマイナスイメージからスタートする可能性は十分にあるので、こうした部分でも立ち回りに気を付ける必要があります。

■結婚に反対されたら根気強さが必要になるかも

結婚に反対された場合、両親から反対する理由を聞いて簡単に説得してすぐに認められることは、まずありません。時には数年、あるいは数十年単位の説得が必要になる場合もあるでしょう。結婚に対して焦る気持ちはあっても、根気良く両親と向き合い、場合によっては両親と疎遠になる覚悟を持った方が良いかもしれません。(土井春香/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません