日向坂46影山優佳、浅川梨奈の“浅川呼び”に戸惑い 発端はKing & Prince平野紫耀<かぐや様は告らせたい>

エンタメ
モデルプレス
2021/07/21 19:53
【モデルプレス=2021/07/21】映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル』(8月20日公開)の完成披露舞台挨拶が21日、都内で行われ、主演を務める平野紫耀(King & Prince)をはじめ、橋本環奈、佐野勇斗、浅川梨奈、堀田真由、影山優佳(日向坂46)、河合勇人監督が登壇した。

浅川梨奈、影山優佳(C)モデルプレス
(写真 : 浅川梨奈、影山優佳(C)モデルプレス)

【写真】活動休止中のけやき坂46影山優佳が快挙 “グループイチ・才女”の実力発揮

ファイナルにちなんで決着したいものや完結させたいものについて話が及ぶと、今作からの出演となった影山は「かぐや様チームに参加させていただいた時からずっと思っていたんですけど、浅川梨奈さんの呼ばれ方が、“浅川”呼びなのが、ずっとなんだろう?と思っていて。橋本さんだったら『浅川〜』、平野さんだったら『おお、浅川いたのか』というところから始まるんです(笑)」と撮影現場でのやりとりを回顧。

「それが日常になっていることがすごく不思議で、私は橋本さんだったら“環奈さん”と呼ばせていただいているんですけど、浅川さんはキャストの方もスタッフの方も皆さん“浅川”なので、どうお呼びしたらいいかわからず決着をつけたい」と伝えると、平野は「“浅川”でいいんじゃない?後で浅川の事務所の人に聞いてみよう!」と提案。

笑いが起こる会場に、浅川は「“浅川”でいいよ。どの現場でも“梨奈ちゃん”なんですけど、なんででしょうね」と疑問。浅川と3回目の共演になる平野は「最初は“梨奈ちゃん”呼びだったんですよ。気づけば“浅川”呼びになっていた。なんでだろうね」といい、浅川は「この現場で“浅川”呼びが浸透したのは平野くんのせいですよ」と指摘していた。

◆平野紫耀主演「かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 ファイナル」

今作は累計部数1500万部を超えるヒット漫画を実写化。2019年9月に公開された『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は、観客動員数180万人を超える大ヒットを記録。そして、ついに待望の続編にして完結編がここに完成。

前作に引き続き、生徒会長・白銀御行には平野、生徒会副会長・四宮かぐやには橋本、そして佐野、浅川、堀田、高嶋政宏(※「高」は正式には「はしごだか」)、佐藤二朗といった個性的キャストが続投。さらに今作より新キャストとして、伊井野ミコ役に影山、子安つばめ役に福原遥、風野団長役に板橋駿谷、荻野コウ役に高橋文哉が加わり、さらにパワーアップ。高すぎる「頭脳偏差値」と低すぎる「恋愛偏差値」による、スケールアップした恋愛頭脳戦がついに決着する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません