結局別れる!【復縁】しても上手くいかないカップルの特徴って?

恋愛
ハウコレ
2021/06/11 12:49

別れた恋人に未練があって、復縁を申し入れることもあるでしょう。元カレから猛アプローチを受けて、復縁することを決めたという女性もいますよね。復縁したカップルは、初めて付き合ったカップルよりも短期間で別れることがよくあります。せっかく復縁したのに別れるのはどんな理由があるのでしょうか。そこで、復縁してもうまくいかないカップルの特徴について紹介します。

■何も変わっていない

カップルが別れる理由は様々ありますが、相手の嫌な部分に我慢できなくなったということが多いでしょう。復縁したとしても、お互いに何も変わっていないと再び別れることになります。別れた原因である嫌な部分を見ることにより、当時の記憶がよみがえります。初めての付き合いの時は我慢していたことでも、二回目の付き合いになると我慢することもできず、すぐに別れることになります。

■信用していない

相手の言動を監視したり、言うことを信じられず疑うなど、相手のことが信用できないと別れることになります。どちらかの浮気が原因で別れたカップルによくあります。彼の浮気が原因で別れていた場合、今回も浮気されるのではないかと不安になります。どこに行っているのかしつこく聞いたり、何回も愛情確認をすることで一緒にいるのが辛くなり別れるのです。

■新鮮さがない

復縁したカップルは初めて付き合ったカップルと違い、お互いのことを良く分かっています。そのため新鮮さがなく、付き合いがマンネリしやすくなります。デート場所も前によく行っていた場所に行くなど、これといったわくわくがありません。付き合ってすぐにマンネリ化してしまい、一緒にいることが楽しくなくなってしまうのです。

■妥協して復縁した

どちらかの猛アピールで復縁した場合、妥協して復縁したということがあります。そのため、相手に対しての愛情も薄く、付き合っているのか付き合っていないのか分からないような関係になります。他に気になる人ができたらそっちへ行ってしまうなど、カップルとしての付き合いと少し変わります。その結果、妥協した方から別れようと言われることになります。

■復縁も慎重に!

元カレと元の状態に戻るだけと考えるかもしれませんが、復縁はすべて元に戻るわけではありません。復縁要請する場合もされる場合も、次の付き合いは慎重に行いましょう。(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません