私の愛情は一方通行?愛情表現が少ない彼氏との差を埋める方法って?

恋愛
ハウコレ
2021/05/10 21:06

お互いに好きだから付き合っているはずなのに、いつも気持ちを態度で愛を示すのは自分だけだという時はありませんか?それでも構わないと思う人も当然いるでしょうが、相手からの愛情表現が少ないとなぜか気持ちも一方通行な気がして不安になってしまいますよね。同じ「好き」という気持ちでも、愛情表現に差が出てしまうのは一体どうしてなのでしょうか?また、どうしたらこの差を埋めることができるのでしょうか?

■恋人との愛情表現の仕方を一度確認してみる

自分の愛情表現の仕方と恋人の愛情表現の仕方が違うと、愛情が伝わりにくかったり気持ちのすれ違いが起きてしまいます。あらかじめ相手の愛情表現の仕方を確認することで、そういったすれ違いをなくすことができます。自分はこんなにも愛情表現をしているのにと思っていても、相手はそう感じていないのかもしれません。

■愛情表現の仕方を統一する

お互い違った愛情表現の仕方をしていることが原因で差が生まれてしまっているのであれば、愛情表現の仕方を統一してみると言う方法もあります。例えば言葉での伝え方やハグやキスなどの体での表現もあります。愛情表現を統一することで気持ちの差が埋まり、不安を感じることも少なくなるでしょう。

■気持ちを正直に話す

一方通行な愛情表現に不安な気持ちになってしまっていることを、恋人に正直に話してみましょう。相手が不安になっている事に気づいていない場合もあるからです。正直に話すことで思いが伝わり改善されるかもしれません。不安な気持ちのまま過ごすよりも、自分のためにも勇気を出して話してみてください。もしかしたらうまく愛情を表現できないのかもしれません。話してみないとわからないことも意外と多いですよ。

■一度引いてみる

自分ばかりが愛情表現をしていると感じているのなら、いちどその愛情表現をやめてみるのも一つの方法です。当たり前にあったものが突然無くなると、その必要性や大切さに気づいてくれるかもしれません。これをしてみて恋人の行動や気持ちに変化があったのなら、あなたの愛情表現はきちんと伝わっていたということになります。恋人もそれに気がつき、愛情表現を多くしてくれるようになるかもしれません。

■愛情表現は人それぞれ

自分の中の愛情表現と恋人が思う愛情表現は全く違うものかもしれません。愛情表現の差や一方通行の愛を感じていたとしても、心の中までは分かりません。愛情表現が感じられなくても、"好き"という気持ちはしっかりとあるはずです。目に見える愛情表現だけにとらわれず、相手の本当の気持ちにも目を向けてみるとまた違った見方ができるかもしれませんよ。(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません