【難読】“はんこ”? 「反故」の正しい読み方

ライフ
マイナビウーマン
2021/05/09 17:09

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「反故」の読み方です。

そのまま“はんこ”と読むのかな? と思った人は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「反故」の読み方は?

「反」は“はん”、「故」は“こ”という読み方を覚えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、二つを合わせて“はんこ”とは読まないんです。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“ほご”と読みます。

■「反故」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「反故」の意味は以下のように解説されています。

ほ‐ご【▽反▽故/▽反▽古】

1 書きそこなったりして不要になった紙。ほご紙。ほうご。ほぐ。

2 役に立たなくなった物事。

つまり、約束などを無かったことにしたり、物事を無駄にしたりすること、といった意味合いで使います。

ニュースなどで、「合意を反故にし〜」など、聞いたことがある言葉なのではないでしょうか。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「反故」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。馴染みのある漢字の組み合わせですが、意外と自信を持って読めなかったりしますよね。

なんとなく読んでいる言葉が案外、正しい読み方ではなかった、なんてこともあるかもしれません。

(ななしまもえ)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません