【難読】“こんろ”じゃない! 「懇ろ」の正しい読み方

ライフ
マイナビウーマン
2021/05/08 17:09

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「懇ろ」の読み方です。

“こんろ”と読むのかな? なんて思った人は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「懇ろ」の読み方は?

「懇」は、懇親、懇願と読むので、“こん”という読み方を覚えている人が多いのではないでしょうか。

しかし、送り仮名の「ろ」と合わせて、“こんろ”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“ねんごろ”と読みます。

■「懇ろ」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「懇ろ」の意味は以下のように解説されています。

ねんごろ【懇ろ】

《「ねもころ」の音変化》

[形動][文][ナリ]

1 心がこもっているさま。親身であるさま。「懇ろにとむらう」「懇ろなもてなし」

2 親しいさま。特に、男女の仲が親密であるさま。「懇ろな間柄」

[名]

1 親密になること。

「おまへは貧乏神と―してござるかして」〈浮・禁短気・一〉

2 男女が情を通じること。

「此のお夏は手代と―して」〈浄・歌祭文〉

3 男色関係を持つこと。

「主の子を―して」〈浮・男色大鑑・一〉

つまり、心のこもっているさま、手厚く細やかな気づかいをするさま、といった意味合いになります。

「懇ろ」と聞くと、男女関係のことをイメージする人が多いかもしれませんね。

もともとは、心のこもっているさまという意味だったのが転じて、そういった意味でも使われるようになったそうです。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「懇ろ」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。送り仮名がつくことによって、馴染みがある読み方からまったく変わってきますね。

普段、使う機会は少ないかもしれませんが、正しい読み方を覚えておきたいですね!

(ななしまもえ)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません