【難読】なんと読む? 「大蒜」の正しい読み方

ライフ
マイナビウーマン
2021/05/07 11:09

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「大蒜」の読み方です。

なんと読むのかイメージできない! と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「大蒜」の読み方は?

「大」が最初についている言葉なので、“おお”や“だい”から始まる読み方を想像する人がきっと多いですよね。

「大蒜」は、ある身近な食材を表す言葉なんですが、読み方の想像ができるでしょうか。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“にんにく”と読みます。

■「大蒜」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「大蒜」の意味は以下のように解説されています。

にん‐にく【大=蒜/×葫】

ユリ科の多年草。高さ約60センチ。全体に強いにおいがある。地下の鱗茎(りんけい)は灰白色で、数個の小鱗茎からなり、食用。強壮薬・香辛料などにも用いる。夏、茎の先に、長い包葉に包まれて白紫色の花が集まって咲く。花の間にむかごをつける。ガーリック。《季 春》

漢字から読み方が全く想像できませんが、“にんにく”と読むんですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「大蒜」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。普段、ひらがなやカタカナで目にすることが大半なので、漢字は初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。

調べてみたら、身近なもので意外な読み方をする言葉がまだまだありそうですね。

(ななしまもえ)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません