【難読】“みとめる”だけじゃない? 「認める」のもう一つの読み方

ライフ
マイナビウーマン
2021/05/01 11:09

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「認める」の読み方です。

“みとめる”以外の読み方なんてあるの? と思った人は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「認める」の読み方は?

「認める」は、一般的に“みとめる”と読むことが多いですよね。

しかし、“みとめる”以外の読み方があることを知っていますか。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“したためる”とも読みます。

■「認める」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「認める」の意味は以下のように解説されています。

したた・める【▽認める】

[動マ下一][文]したた・む[マ下二]

1 書き記す。「手紙を―・める」

2 食事をする。

「夕餉を―・めに階下へ下りる頃は」〈梶井・冬の日〉

3 整理する。処理する。

「万の事ども―・めさせ給ふ」〈源・須磨〉

4 支度する。

「河中の橋を踏まば落つるやうに―・めて」〈平家・五〉

本来はいくつか意味がありますが、現在は文章を書くという意味でしか使われていないようです。

小説などで、「一筆認める」という表現を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「認める」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。「認める」を“したためる”とも読むなんて、なかなか想像できないですよね。

聞いたことがある言葉も調べてみると、実は馴染みがある漢字が使われているのを知れますね!

(ななしまもえ)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません