もうやだ。「同棲中の喧嘩」あるあるエピソード3つ

恋愛
マイナビウーマン
2021/01/23 11:10

恋人と1つ屋根の下で暮らす同棲。幸せなはずなのに、なぜか喧嘩ばかり繰り返してしまうカップルもいるでしょう。

好きな人であっても、他人と生活するには歩み寄りと思いやりの姿勢が欠かせません。

今回は、同棲中のカップルに喧嘩が頻発する原因や仲直りの方法についてお話しします。

Check!

もしかしてヤバい? 倦怠期レベル診断

■「同棲中に喧嘩したことがあるカップル」は約85%!

Twitterで「同棲中に恋人と喧嘩したことがあるかないか」をアンケート調査したところ、「ある」と答えた人が約85%でした。

https://twitter.com/hiro_parallel00/status/1348782408775057408

※調査概要:男女(279名)/2021年1月12日〜1月20日

どの程度のことを「喧嘩」と感じるかは人それぞれですが、恋人と意見がぶつかる、気持ちがすれ違うようなネガティブな場面は、同棲中に必ずと言っていいほど起こることが分かります。逆に、約15%が「喧嘩したことがない」というのには驚きです。

別々に暮らしている状態なら、何かあっても1人になれる時間を持てますが、同棲となると同じ家に住んでいることから距離を置きづらくなるので、気持ちを落ち着かせたりすることもできず、喧嘩が生まれやすくなるのでしょう。

同棲は、好きな人との距離が近い分、少しの衝突がそのまま喧嘩になってしまうという状況が見えてきます。

■同棲中の喧嘩あるあるエピソード

ここからは、同棲中の喧嘩はどのようなことから始まるのか見ていきましょう。男女それぞれエピソードを紹介します。

◇【エピソード1】片方が合わせるばかりで……

交際半年、大好きな彼氏と話し合って同棲を始めました。

最初はいつも一緒にいられて幸せだったけれど、私の作る料理にケチをつけたり洗濯物をたたまずほったらかしだったりするのを発端に、以前より態度が大きくなっていく彼氏にストレスを感じることが多くなって……。

気が付けば私が彼氏に合わせるばかりになって、ある日我慢できずに「一緒にいても楽しくない」と言ってしまい喧嘩になりました。

(女性/28歳/営業)

◇【エピソード2】生活のペースが違って……

僕は日勤の会社員で、彼女はシフト制の看護師。なかなかデートする日が合わず、それなら一緒に暮らそうと同棲を始めました。

ただ、彼女の夜勤が続くと完全にすれ違い生活になって、顔を見ない日があったり、休みが被っても彼女が疲れてどこにも行けなかったりと、想像したよりずっと大変でした。

僕の方がその状況を我慢できずに喧嘩することもあり、仲直りするのにも一苦労です。

(男性/30歳/セールス)

◇【エピソード3】金銭感覚が合わず……

同棲して気が付いたのは、彼氏と金銭感覚が合わないことです。

私はコンビニのお菓子などは高いのであまり買わないのですが、彼氏は「ついでだから」と簡単にあれこれ買ってしまう。生活費は全て折半しているので、そういった面にモヤモヤしてしまいます。

そして、つい嫌味を言うようになって喧嘩が増えました。

(女性/32歳/総務)

3つのエピソードから、日々の小さなストレスが喧嘩の種となることが分かりました。

■同棲中に喧嘩してしまう原因

ここでは、小さなストレスが生まれ、喧嘩してしまう原因を、具体的に確認していきましょう。

◇(1)パートナーに期待してしまうから

同棲は、大好きなパートナーと生活を共にすること。楽しい時間ばかりでなく、家事やお金の管理など、生活にまつわることも同時に発生します。

「料理は彼女が作ってくれるだろう」「彼氏が買い物に行ってくれるだろう」というようにパートナーに期待すると、それがかなわなかった時にストレスから衝突が生まれます。

普段の様子から、無意識に各々の役割を決めてしまう人は多く、すれ違いの原因になるのですね。

◇(2)お互いに「自分が正しい」と思っているから

例えば、金銭感覚について。

「コンビニのお菓子は高いからスーパーで買ってほしい」と思う自分に対して、「そんなに大きな差はないから、近くのコンビニで買いたい」とパートナーに返されると、どちらかが歩み寄らない限りそこから話が進まなくなります。

双方が「自分が正しい」と思っているので、正解が見つからなくなるのですね。

価値観が違うのは責めることではありませんが、「パートナーが理解してくれない」という怒りから喧嘩に発展します。

◇(3)「“自分だけ”が満足する生活」になるから

最初はパートナーの意見も聞き、家具の設置から家事の分担までしっかり話し合って決めたはずなのに、一緒にいる時間が長くなるとつい手を抜いたりだらしなさを隠さなくなったり、「まあいいか」で済ませることがあります。

「こんな自分でも受け入れてくれるだろう」というのは甘えであり、それがパートナーの負担になることに思い至らないのです。

そして、いつの間にか「“自分だけ”が満足する生活」になってしまい、パートナーの気持ちが置き去りになり、喧嘩が多くなるケースもあるでしょう。

■喧嘩にならないように心掛けるといいことは?

喧嘩も時には必要なコミュニケーションですが、できるならばしたくないもの。

そこで、同棲中に喧嘩にならないよう心掛けるといいことを3つ紹介します。

◇(1)相手の立場に立って考える

喧嘩の頻度が多いというカップルによくあるのは、「自分の気持ちにこだわり過ぎる」ということです。

「自分はこう思ったからこうしてほしかった」という気持ちにとらわれ、相手の立場に立って考えることができなくなってしまっているんですよね。

ですが、相手に立場に立って考えてみれば、なぜそうしたか、どうしてこうなったのかが案外簡単に見えてきます。

違う人間同士だからこそ、パートナーの気持ちを想像することが尊重の第一歩。衝突しそうになった時は、まず相手の立場で考えてみることを忘れないでください。

◇(2)小さな違和感でも話し合う

なんとなくおかしいなと思うことでも、「まあいいか」で済ませていたせいで大喧嘩に発展することがあります。

違和感は、すれ違いのサインです。放置すれば喧嘩の原因になるので、小さなことでもパートナーに確かめる、話し合う機会を設けましょう。

問題を早めに解決できるだけでなく、「どう思う?」という確認が2人の愛情を深めるコミュニケーションになります。

◇(3)「ありがとう」と「ごめんなさい」を忘れない

異なる価値観を持つ1人の人間同士のつながりだからこそ、感謝と謝罪の言葉は普段から忘れずに口にするのが、スムーズで幸せな同棲生活を送るコツ。

日頃から「尊重されている」とお互いに感じていれば、喧嘩になる前に相手と向き合う気持ちを持てます。

ですので、ささいなことであっても当たり前と思わずに「ありがとう」を伝える、これくらいと思わずに「ごめんね」が言えるようにしましょう。

■同棲中のカップルが仲直りする方法

どれだけ相手を尊重していても、喧嘩をすることはあります。

最後に、喧嘩をした時の対処法を、彼女目線・彼氏目線でそれぞれお伝えします。

◇彼氏と仲直りしたい場合は?

まずは、彼女側から働きかける方法を紹介します。

☆(1)冷却期間を作る

喧嘩になると、頭に血が上って冷静に話し合うことが難しくなります。つい「売り言葉に買い言葉」でさらにきついことを言ってしまい、それでお別れなんてことも……。

気まずい空気になったら、まずは彼氏から離れて1人の時間を持ちましょう。散歩に行くのでもいいですし、少しカフェに行くのもいいかもしれませんね。また、大きな喧嘩になってしまったなら、少し実家や友達の家で過ごさせてもらってもいいでしょう。

冷却期間を作ることで心を落ち着け、喧嘩の原因や解決について前向きな考えが出てから彼氏と向き合うのが正解です。

☆(2)悪いところは素直に謝る

喧嘩の原因はさまざまですが、冷静になってみると自分にも悪いところがあったと気が付く場合もあります。

非を認めるのは勇気がいりますが、誠実な自分を見せるのが仲直りへの一番の近道です。喧嘩を繰り返さないためにも、素直に謝る気持ちを大切にしたいですね。

☆(3)自分の気持ちは隠さず伝える

「自分さえ我慢すればうまくいくはず」と、ストレスから目をそらして頑張る女性がいますが、本心を伝えない限り彼氏自身も変わりようがありません。

喧嘩は、自分の気持ちを真っすぐに伝えるチャンスです。のびのびと同棲を楽しむためには、お互いの意思を尊重する姿勢が欠かせません。

自分の気持ちを隠さずに伝えることが、彼氏の本心を知り、お互いに寄り添い変化していくきっかけとなることを理解しましょう。

◇彼女と仲直りしたいなら?

次に、彼氏側から働きかける方法を紹介します。

☆(1)彼女の気持ちを聞く

喧嘩になると、感情的になって怒りをぶつけてしまう男性もいるでしょう。

気持ちがぶつかるのは決して良い気分ではないですが、そんな時こそ冷静に彼女の気持ちに耳を傾ける姿勢が、愛情の決別を防ぎます。

「すぐそんなことできない……」という時は、数時間ほど家を出て1人になってみるなど、頭を冷やす時間を作りたいですね。

冷静になって彼女の気持ちにしっかりと耳を傾けることで、お互いの誤解が解けたり、考え方の違いを埋める方法が見つかったりします。

☆(2)悪いところは素直に謝る

男女関係なく、悪いところは素直に謝る姿勢が仲直りを早めます。

頭を下げることを嫌う男性もいますが、それでは誠実とはいえず、信頼関係は取り戻せません。

潔く謝る姿はかっこ悪いものでは決してなく、彼女への愛情の表れです。2人の関係を大切に思うからこその謝罪だと知り、自分にも悪いところがある時は素直に「ごめんね」と伝えましょう。

☆(3)とことん話し合う

喧嘩は気まずく、無視したり無言になったり、嫌な雰囲気が漂います。それは、お互いがどこかで相手を責める気持ちを抱えているからで、本当に仲直りするには、そのもつれた感情をきちんと見つめ、とことん話し合うことが避けられません。

非を認め合い、お互いの本音を知ることでより深い信頼が生まれます。話し合いを嫌がらず、「もう繰り返さない」ことを目的に、彼女と最後まで向き合いましょう。

■パートナーの気持ちから逃げずに向き合う姿勢大切に

同棲中の喧嘩は、自分が出て行きたくなったりパートナーが帰ってこなかったり、心に大きなダメージを受けます。

気持ちが衝突する時は、お互いの考え方や感じ方を知り、より幸せに過ごせる方法を見つける機会と思いましょう。

パートナーの気持ちから逃げずに向き合う姿勢を、普段から意識したいですね。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです

彼氏のいる女性におすすめの診断

いつ結婚できる? あなたの「結婚時期」予想診断

そんな恋やめちゃえば? 別れた方がいいカップル診断

強いor全くない? あなたの執着心診断

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません