結婚できないな!独り身の女性が結婚に向いてないと感じる瞬間

恋愛
ハウコレ
2021/01/14 05:15

結婚したいと考えるときもあるけど、ふとした瞬間に「結婚できない」と自分自身に、感じることがある方もいるのではないでしょうか。結婚は自分だけのことではなく、パートナーもいるので、簡単に決めることはできません。結婚の決断は難しいからこそ、「結婚したい」と感じることもあれば「独身のほうが楽だな」と感じるときもあるようです。今回は独り身の女性が結婚に向いてないと感じる瞬間について、ご紹介していきます。

■結婚に対する理想の条件を否定された時

結婚するのであれば、誰でも結婚に対する理想の条件がありますよね。1人1人条件は変わってくるので、 理想が高い人から理想が低い人まで出てくるのは当然のことです。結婚は好きになったから結婚するという、簡単に決めてはいけない部分があります。お互いの収入など計算しなくては生きていけない事もあるかもしれません。結婚生活でかかるお金や自分たちが使うお金など、もろもろ考えたいうえでの理想を否定されてしまった場合、結婚に向いてないと考えるのは普通でしょう。

■1人できるのが気楽な時

相手に合わせることを苦手とするタイプや相手に合わせて、協力していくことが得意な人など人それぞれ分かれています。旅行に行くのも、ご飯を食べに行くのも、1人が気楽だという方は結婚に向かないと感じるでしょう。相手に合わせるのが嫌だと心から感じる方もいるので、強制的に結婚させる流れにするのは間違っています。結婚して夫婦になれば、生活はふたりで作っていくマルチプレイですが、中にはソロプレイが好きな方もいるようです。

■まだ恋愛をしていたい時

女性の中には、すぐに惚れてしまうような「惚れっぽい女性」も多くいます。独り身の状態であれば何も問題は起こりませんが、 結婚しているとなると話は変わってきます。結婚してしまうと基本的に新しい恋愛は出来なくなるので、独り身を貫いてもいいという考えもあるようです。家庭を作ったのであれば、落ち着きを取得しなければいけません。せっかく良い男性が目の前に現れたのに結婚しているから、アプローチすることも出来ずに今の家庭に縛られているという考えを持っているのであれば、結婚するべきではありません。まだ、恋愛したいと考えているのであれば独り身のままでいましょう。

■結婚に対する見返りを求める時

結婚生活を初めてしまったら特に何かをするわけでもなく、放置する男性も多くいます。一般的にはそのような考えをしている方が多いようですが、結婚することに見返りを求めてしまう女性もいるようです。結婚生活は助け合いですが、善意の助け合いになるので何かしてあげたから対価をくださいという関係ではありません。どちらかにかかる負担が傾いてしまうと、不満が起きて喧嘩にもなりますが、「やってあげたから見返りを下さい」という考えは結婚生活ではないでしょう。まとめ今回は独り身の女性が結婚に向いてないと感じる瞬間について、ご紹介しました。良い年齢になったら結婚するのが、当たり前だと言われても結婚するかどうかは、自分で決めることなので、自分が幸せになれる人生を作っていきましょう。(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません