【難読】“ぱいぱい”じゃない! 「兀兀」の正しい読み方

ライフ
マイナビウーマン
2021/01/09 07:10

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「兀兀」の読み方です。

何かの記号? 数学で勉強した円周率「π」と似ているけれど、なんて読むの? そう思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「兀兀」の読み方は?

あまり見慣れない漢字かもしれませんが、「兀」という字自体には、高く突き出たさま、一心に努力するさま、といったニュアンスが含まれます。

“ごつ”や“こつ”と読むことが多いのですが……。

そうです! 読み方の正解は“こつこつ”。“こつこつ”と読みます。

■「兀兀」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「兀兀」の意味は以下のように解説されています。

こつ‐こつ【××/×兀×兀】

[ト・タル][文][形動タリ]地道に働くさま。たゆまず努め励むさま。「―と勉強をする」

[副]に同じ。「仕事を―こなす」「―励む」

つまり「兀兀」という言葉は、地道に励むようすといった意味合いで使います。

もともとは座禅をしている時に、身じろぎもせず、ただひたすらに心を落ち着けるさまを指していた言葉でした。それが、地道に努力する姿を表す言葉に変化したようです。

見慣れない漢字かもしれませんが、「兀兀と努力する」など、よく使う言葉ですよね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「兀兀」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。普段、使い慣れている言葉も、実はしっかりと漢字があるんですね。

知らない言葉に出会ったら、兀兀と調べて知識を増やしていきましょう!

(ななしまもえ)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません