【難読】“やべる”? 「焼べる」の正しい読み方

ライフ
マイナビウーマン
2021/01/08 07:10

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「焼べる」の読み方です。

“やべる”? “しょうべる”? いやいや、違和感しかない! そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「焼べる」の読み方は?

焼き芋、燃焼などの言葉に使われる「焼」という漢字。一般的には、“や”、“しょう”という読み方を覚えている人がほとんどでしょう。

しかし、これに「べる」の送り仮名をつけて、“やべー”ではありませんよ。そもそも送り仮名が違いますね。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“くべる”と読みます。

■「焼べる」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「焼べる」の意味は以下のように解説されています。

く・べる【▽焼べる】

[動バ下一][文]く・ぶ[バ下二]燃やすために火の中に入れる。「薪(まき)を―・べる」

つまり、火の中に入れること、といった意味合いで「焼べる」という言葉を使います。

耳馴染みはあまりないかもしれませんが、「薪を暖炉に焼べる」など、聞いたことがある言葉なのではないでしょうか。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「焼べる」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。結果的には「焼べる」も「焼く」ことなのですが、「焼べる」と表現すると、とても静かなイメージになりませんか。

漢字って、送り仮名を変えただけで、ようすを大きく変えることもできるんですね。

(ななしまもえ)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません