あなたはちゃんと伝えてる?彼氏に【愛情を伝える】コツって?

恋愛
ハウコレ
2020/12/03 15:15

彼氏には、常に「愛されているな……。」「幸せだな……。」と感じていてほしいと思いませんか?大切な彼氏なので、自分の愛情が伝わっていたらいいなと思いますよね。しかし、どんなことをすると彼氏が愛されていると思ってくれるのかな?という疑問もあるでしょう。そこで、彼氏が彼女に愛されていると思う瞬間についてご紹介します。その瞬間を意識して付き合うと彼氏の幸せ度が上がるでしょう。

■優先にしてくれるとき

彼女が自分のことよりも彼氏のことを優先にしてくれるとき、彼氏は「愛されてる……。」と感じます。例えば、映画デートのときに「〇〇くんこれ見たいって言ってたから見よう?」という一言があったりすると優先されている気持ちになりますね。また、忙しいときに連絡をくれたり、「お風呂の前に電話したよ!」など用事の前に自分にかまってくれたりすると彼氏は愛されていることを実感するでしょう。毎回彼氏を優先にしなくても、たまに優先にしてあげるとちゃんと愛情が届きますよ!

■一緒にいて笑顔が多いとき

デートのときなどに、あなたがたくさん笑っていると、それだけで彼氏はあなたに愛されていることが分かります。なぜなら、あなたが笑っているということは「今幸せなんだな。」「楽しんでいるんだな。」ということが伝わるからです。彼氏は「自分といるから楽しんでくれている……。」「自分への愛情が深いから幸せそうにしてくれている……。」とまで思うことでしょう。もし、彼女に愛されていないなら真顔が多くなったりつまらなさそうにしたりしますよね。そういう一面が見られない彼女からは、愛されていると感じるものですよ。

■体調を気遣ってくれるとき

少し咳をしただけで「風邪ひいてる?大丈夫?」と言ってくれたり、仕事が忙しいときに「最近忙しいね。体は大丈夫?」と言ってくれたりすると愛されていることをしっかりと感じるでしょう。相手の変化に気付くということは、相手をしっかりと見ているということです。そのため、彼氏は「彼女は自分のことを見てくれているし考えてくれている。」と感じるのですよ。ちょっとした気遣いではありますが、彼氏の変化があったら声かけをしてあげてください。彼氏はとても喜びます。

■色々と手を焼いてくれるとき

彼氏のことが心配で、様子を見にきて身の回りの世話をしてくれたり、時には手作り料理を作ってくれたりなどのように色々と手を焼いてくれると愛されていると感じます。「こんなにしてくれるのはこの人しかいない!」という気持ちにもなるでしょう。また、「愛していないとこれはできないよね……。」という確信も持つことができます。世話焼き女房になると母親みたいになってしまわないか心配にもなりますが、彼氏はそこで愛情を感じてくれることもありますよ。

■彼氏にたくさんの愛情を注ごう!

彼氏の幸せはあなたの幸せにもなるでしょう。彼氏の喜ぶ顔や安心する顔を見るためにも、たくさんの愛情を注いでくださいね!(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません