「好き」と言うだけでは足りない?!【LINEで好きな人を振り向かせる】コツって?

恋愛
ハウコレ
2020/12/02 13:45

あなたには好きな人がいますか?現在片思いしており、その彼を振り向かせたい人必見!今回はLINEのやり取りで好きな人を振り向かせる方法を伝授します。直接顔が見えないやり取りだからこそ、見えてくるものあります。相手の本心やふとした優しさが刺さり、気になりだすこともあるんです。作りすぎるのはよくないですが、ちょっとしたコツを掴めば彼の気になる女性になるのは簡単です。今回は、知っておきたいLINEのテクニックを紹介していきますので、ぜひ実践してみてください。

■聞き上手になる

LINEで聞き上手?と思う方もいるでしょうが、彼に気持ちよくやり取りを楽しんでもらうのが振り向かせるには大事なポイントになります。そのためには、彼の話にしっかり耳傾け、あいづちを打ちながらその話を広げてあげるのが重要です。たとえば「昨日仕事が大変だったんだ」というメッセージがきたら、何がどう大変だったのかこちらから質問をします。ここで自分の話をするのはNG!あくまでも聞く側に徹し、話しを引き出しましょう。気持ち良く話ができれば、「馬が合うな」「楽しいな」とあなたのことが徐々に気になってくるでしょう。

■顔文字や絵文字を頻繁に使う

顔文字や絵文字がないとどうしても文章が冷たく感じます。面倒だとどうしても文章だけで送りがちですが、どんな短い文章でも顔文字や絵文字をつけて色を足すようにしましょう。とは言え、絵文字の多用は逆に見にくくなるのでおすすめできません。1~2文の間に絵文字1つぐらいが丁度良いでしょう。最後にハートをつけるとより効果的!彼も「気があるのかな?」と思い、気になり始めます。

■間接的な「好き」と文章に盛り込む

直接「〇〇君が好き」と言うのではなく、間接的に「好き」だとわからせるのです。たとえば、彼がサッカーの上手な男性だとします。「サッカー上手い人好きなの」と言ってみてはいかがでしょうか。彼も「自分のこと?」と気が付きドキっとするはず!短文で送る方が効果的なので、ぜひ最後にハートの絵文字をつけて送ってみてください。

■彼を褒めて褒めまくる

褒められて嫌な気持ちになる男性はいません。むしろ褒められるとさらに頑張りたくなるのが男性の特徴と言えるでしょう。ここは彼を褒めて褒めまくりましょう。「すごい」「さすが」の2文字を頻繁に使い、彼の気持ちを上げるのです。次第に気持ち良くなってきて、あなたのことを「守ってあげたい」と思うようになるはず!特に仕事の面で褒めるのが効果的です。

■まとめ

LINEのやり取りで好きな人を振り向かせたいなら、やはり相手に気持ちが伝わるような文章を送るのが一番です。直接「好き」と言うのではなく、間接的な表現で彼の心を揺さぶりましょう。気になっていることが伝われば、相手もあなたを女性として見るようになるはず!LINEのやり取りでは彼が気持ちよく喋れるように聞き役に徹して、彼の気持ちをゲットしてみてください。(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません