男心を鷲掴みにする料理特集!!

恋愛
ハウコレ
2020/10/30 16:15

おこもり期間に暇を持て余す人と、スキルアップや自分磨きに時間を掛ける人の二極化が進んでいると言います。新たな恋愛を始めづらい今だからこそ、幸せな自分を手に入れる準備期間にしませんか?今回は女子力を上げると言えばでお馴染みの「料理」についてお話したいと思います。

■男心を鷲掴みにする料理って?

男性は女性が思うよりも、グルメな方が多いようです。しかし、外食の「美味しさ」と手料理の「美味しさ」は別物だと言う男性が圧倒的に多いのもまた事実です。なら、料理が上手ければ男心を鷲掴みにできるのかな?と思いますよね。どうやらそういうわけでもないようで……。女性が憧れる料理上手と言えば、「映える料理」インスタ映えを狙えるものが多いですよね。また、見栄えも良くて健康的なイタリア料理、気品漂うフランス料理など、「一目で分かる」料理の腕をアピールできるものが好まれています。一方で、男性が求める手料理は「あたたかみを感じるもの」「店で食べられない味」など、抽象的なものが多いです。また、女性は美容・健康のためにと野菜や魚介類の料理を好みますが、やはり男性はボリュームのある肉料理や脂っこいものを好む傾向があります。端的に言うと、女性は「量より質」に対して、男性は「質より量」ということですね。これらを押さえてから、次の見出しに進んでください。

■一品特化型よりも幅広く!

昔はよく、男心を掴むなら「肉じゃが」「ハンバーグ」などと言われたものですが、その考えが筒抜けになっている今、意中の彼にそれらを振る舞うのはNGかも。近頃の男性は凝った料理よりも、その辺にあるものでササッと作れる手際の良さを見ているようです。つまりは結果だけじゃなく、その過程にまで目を向けているということですね。下手に凝った料理を作って持参するよりも、目の前で作ってくれるパフォーマンス性が魅力的なのです。

■でもでもやっぱり、失敗しないメニューが知りたい!!

とは言え、何を作ったら外れないか、安パイを狙いたい気持ちは同じ女性として分かります。今回は相手別にご紹介しましょう。・友達以上恋人未満の彼なら「チャーハン」チャーハンはそれなりに技術を要しますし、人気メニューでありながら狙っていない感があるチャーハンは外れがありません。具材を変えるだけでバリエーションも豊かになるところが魅力的です。・付き合い立ての彼氏なら「一汁二菜程度の和食」や「丼もの」付き合い立てから頑張りすぎるとそれが当たり前と思われて、費用面・労力面共に骨が折れてしまいますが、味噌汁+玉子焼き(又は野菜炒め)+メイン(生姜焼きや焼き鮭などそこまで手の込んでないものが良い)なら、レパートリーもあって、お財布にも優しい割に満足度が高いのです。丼ものは、ササッと作れてボリューム満点にできるところがおすすめポイントです。親子丼やカツ丼、牛丼、漬け丼などが人気どころでしょうか。・交際歴の長い相手なら「肉じゃが」「ハンバーグ」も長い付き合いになってきたなら、時々肉じゃがやハンバーグを挟むとベストです。付き合っているのですから、狙っているなんて気にせず、彼が喜ぶものを「時々」(※毎回にすると満足度低下の原因になります)作ってあげてください。

■まとめ

男心を鷲掴みにしたいなら、メニューよりも彼の好みやコストパフォーマンスを気にした方がいいということですね。渡す方からして骨折りなものは、親密な間柄でないと引いてしまうものです。その辺りを気を付けて、家庭的アピールをしてみてくださいね。(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません