大学生デートを成功させる頻度・誘い方・お金・場所・予算・服装とは

恋愛
ハウコレ
2019/12/07 12:15
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

大学生デートを成功させる頻度・誘い方・お金・場所・予算・服装とは

高校時代とは一味違う大学生活。大学生になって初カレができた人も多いのではないでしょうか。初カレ初カノでなくても、大学生のデートは高校時代と変わってきます。行動範囲も交友範囲も広がり、お金もかかるようになります。それにちょっと戸惑ってしまうことも。でも、この記事を読めば、大学生デートでありがちな失敗を防ぐことができるようになりますよ。大切なのは、相手の立場になって物事を考えること。そして、自分もめいっぱい楽しむこと。デートは絆を深め2人の思い出を作るものですから、失敗も楽しめるようになれたら最高ですね。

■大学生デートで大事なことは?

大学生デートで一番大事なのは、お金をあまりかけ過ぎないことです。大学生のお小遣いの平均は、全国大学生活協同組合連合会によると2018年は約1万2千円でした。アルバイト収入は約5万円です。これらがまるまるデート代に使える人はいいのですが、実家暮らしでも定期代や教材費を自分で出している大学生もいます。そう考えると1回のデートに使える金額は本当にわずかです。なるべくお金をかけず2人で楽しめる方法を、2人で模索していけるようになりましょう。そのためには、普段からの会話を大切にしてくださいね。無理なことを「無理」と言えない関係は健全とは言い難いものです。そもそも大学生の本分は勉強です。これを守りつつ、ステキなデートになるよう話し合いをしていってください。

■自分本位にならないこと

大学生になって初カレ初カノができた人でありがちな失敗に、「自分本位なデート」があります。舞い上がってしまい、相手が何でも自分の言うことを聞いてくれると思い込んでしまうのです。この傾向は高校生でもあることですが、大学生の方が多いように筆者個人的には感じています。大学生になることで「オトナになった」気分になり、万能感を覚えるのでしょう。逆に相手の言いなりになってしまう人も存在します。嫌われたくない一心なのは分かりますが、一方の言いなりになるのは好ましい関係ではありません。自分の意見を受け入れてくれない相手なら、それは良いパートナーではありません。疎遠にするのが吉です。

■場所もお金も無理しすぎないこと

大学生の本分は勉強です。デートとアルバイトに明け暮れていては、学費がもったいない。大学生デートはお金をかけず、背伸びをしない場所を選んで行いましょう。2人で同じ資格取得を目指すのもステキですね。大学生の時にしかできないデートです。

■相手が「嬉しい」と思う行動を心がけること

先述したこととかぶりますが、自分だけが楽しいデートはデートではありません。それは接待です。大学生なら2人で楽しむことを考えられるようになっているはず。2人で楽しむということは、お互いが相手の「嬉しい」を考えられるということです。これができるようになるだけで、デートはとても楽しいものになります。

■デート場所に合った服装や靴を選ぶこと

大学生デートと高校生デートの大きく違う点は、制服デートがなくなること。ですから、場所に合った服装や靴を選ぶ必要が出てきます。時と場合によっては、普段着がNGのこともあります。どのような服装や靴が良いのか分からない時は、先輩など年長者に尋ねるようにしましょう。

■大学生デートでありがちな失敗

大学生デートで大事なことを覚えたら、今度はありがちな失敗を学んで転ばぬ先の杖にしましょう。ありがちな失敗の大きなものは2つ。お金とTPOをわきまえない服装です。これはカップルの意見のすり合わせができていないからこそ、起きる失敗です。ひとりの思い込みで行動をせず、迷ったら相手に相談をしたり友達や先輩に相談したりしてください。

■誘っていいかわからずLINEが盛り下がってきた

付き合う前、デートに誘いたいけれどどう誘っても良いのか分からず、ダラダラLINEをしてしまうことは多いもの。そのダラダラで何となくテンションが下がって、自然消滅ということもよくあります。デートをしたいと思ったなら、思い切って誘ってみましょう。

■毎回奢ってお金が無くなり誘えなくなった(女性が)

デートは女性が奢られるイベントではありません。特に大学生デートの場合、お互いに金銭的な余裕がないことの方が多いですよね。そんな中で一方が奢っている関係は長続きしません。なるべく割り勘ですむデートをするように。

■ヒールで動物園にいったら足が痛くなった 

デートだからと気合を入れてオシャレをして行ったら、とてつもなく疲れます。特に動物園や水族館のような歩く施設の場合、ヒールでお出掛けすると確実に足が痛くなります。デートで行く場所によって服装や靴を変えるようにしましょう。その方がその場で輝いて見えますよ。

■大学生デートを成功させるコツ

大学生デートは、当たり前ですが大学時代にしか経験のできないことです。それまで経験をしていないことですから、失敗も多いかも知れません。でも、1回成功をすればデートに誘いやすくなりますし誘われやすくもなります。失敗を恐れず、成功のためのステップと思って挑んでくださいね。

■大学生デートの頻度は月2〜8回程度

大学生のデートの頻度は、付き合っている期間で変わってきます。同じ大学で付き合いたてのカップルなら、ほぼ毎日デートをしていることが多いですよ。このデートは特別なものでなく、ランチを一緒にするといったものも含まれます。付き合って3ヶ月ぐらいたつと、何となく2人のタイミングが分かってきますから徐々に回数が減ってきます。これを寂しいと感じたなら、その都度話し合うようにしましょう。ケンカにならないよう、おたがいの都合が合うようにしたいですね。在学中なら週1回会うカップルが多い傾向にあります。ご参考に。

■LINEはダラダラ続けず誘う時は2択で提案する

デートの計画を立てるのに、ダラダラLINEを続けるのは得策といえません。行くか行かないかだけでもスグ決めて、行先は大まかに決めるだけでも構いません。あとは2択で選んでいくと、すんなり決まりますよ。あれもこれもと欲張らず、候補を2つまでに絞って、あとはサイコロを振るという決め方もアリです。デートの目的はカップルの仲を深めるためにあります。それがどこかに行くことを目的とするようになったら、破局が近くなります。ですから、ダラダラするのは良くありません。会う日を決める。これが大切です。

■予算は無理しすぎず、記念日や誕生日はワンランク上げよう

大学生デートの成功のコツは、いかにお金を使わないか。これにかかっています。先述した通り、大学生の平均お小遣いは1万2千円、アルバイト収入は約5万円。月に4回デートをするなら、1回5000円以下にするのが無難です。普段のデートは質素に、記念日にはワンランク上げるようにメリハリのあるデートを。

■服装はいく場所に合わせて変えよう

大学生は子供ではないのに大人でもない不思議な時期です。この時期に場に即した服装を身にまとう習慣をつけるようにしましょう。それに最適なのがデートです。例えば、記念日に少し良いレストランで食事をするのにスニーカーとTシャツで行くのはNG。お店によっては入店を拒否されます。逆にスポーツイベントにヒールのある靴で行くなんて、何をしに行ったのか分かりません。TPOをわきまえた服装やふるまいを覚えることも、デートを成功させる秘訣です。

■大学生デートにおすすめの場所【初デートから普通のデート編】

大学生デートにおすすめなのは、学割のきく場所です。今の時期だけの特典ですから、めいっぱい使ってください。とことこんお金を使わないデートなら、地図を見ながら史跡巡りも面白いですよ。なにげない景色の中にある歴史に思いを馳せる。お金もかかりませんし、教養も深まります。他、植物や昆虫の図鑑を持って公園に行くのもおすすめです。大学生デートはお金があまり使えませんから、知恵をどんどん使っていきましょう。

■ボウリング

手軽なスポーツのボウリングは、大学生デートにイチオシです。スピード感を求められないスポーツですから、おしゃべりしながら楽しめるのが良いですね。ボウリングだけでなく卓球など他の競技も楽しめる施設もありますから、いろいろと探してみてくださいね。大学によっては、スポーツ施設を無料で利用できるところもあります。

■オシャレなカフェ

オシャレなカフェで語らうのも、大学生デートにおすすめです。ただ、オシャレなカフェはそれなりの値段がしますので、毎回行くとなるとお財布に厳しいものがあります。それならば、大学の食堂でもオシャレなカフェにできるよう紅茶やコーヒーの入れ方を勉強してみるのもアリです。

■映画

大学生のうちに映画はたくさん観ておいてください。筆者は40歳を超えた今、学生時代にたくさん映画を観ておいて良かったと思っています。学生料金で観られますし、観る時間もあります。社会人になると、なかなか映画館で映画を観なくなるのです。何よりデートで映画を観て感想を言い合う経験は、後々素敵な宝物になります。全力でおすすめです。

■カラオケ

手軽に2人きりの空間にするなら、カラオケです。学割が使えるお店がほとんどですし、歌を歌わなくても構いません。2人で楽器の練習をしても良いですし、おしゃべりを楽しんでも良い空間です。時間までは誰にも邪魔されません。ただし、エッチなことはしないように。軽犯罪法に触れます。

■ライブやイベント

ライブやイベントも大学生デートにおすすめです。企業が開催しているものだけでなく、行政が開催しているライブやイベントがありますので、普段からチェックをしてみてくださいね。行政主催のものなら、とても安く楽しめます。ライブやイベントのボランティアスタッフにカップルで応募するのも、大学生デートでおすすめです。

■大学生デートにおすすめの場所【脱マンネリ編】

毎回同じデートコースでは、どうしても飽きてしまいます。では、脱マンネリのために普段とは違った場所に行ってみましょう。ここで気を付けたいのが、相手の普段の違う面が見える点です。それを新鮮に思えるか幻滅するか、それまでの関係にかかっています。大学生の場合、幻滅するとすぐ別れてしまう傾向にあります。ですが、その前に幻滅した理由を考えてください。そして、今度は幻滅しないよう相手に好ましい行動を伝えてみるようにしましょう。伝えた上で別れるかどうかは決めてください。

■ドライブデート

普段、電車で移動をしているなら、ドライブデートも大学生におすすめです。家族の車を借りても構いませんし、レンタカーでも。ただし、友達の車は借りないようにしましょう。任意保険がかかっていない可能性が高いのです。あと、ドライブデートで注意したいのが、ハンドルを握って性格が変わらないか。普段は優しいのに運転は乱暴な人は、距離を置いた方が無難です。ガソリン代は割り勘にするようにしましょう。

■日帰り旅行

夏休みと春休みは、JR東海から青春18きっぷが発売されます。これを使って電車を乗り継いで日帰り旅行も思い出に残ります。そこまで遠出をしなくても、近くの名勝を2人で歩くだけでも楽しいですよ。日帰り旅行の場合、キチンと計画を立てて行くようにしましょう。現地で迷っていると、時間の無駄になります。

■動物園

動物園も脱マンネリデートに最適です。大学生なら学割がききますから、かなり安く楽しめます。ただ動物を眺めるだけでなく、その動物がどこの国からやって来たのか世界地図を見ながら歩くと勉強にもなります。ただし動物園はどうしても臭いがキツいので、夏場はおすすめしません。

■水族館

雨天でも楽しめるデートスポットといえば、水族館です。幻想的な空間で2人の仲はグッと深まるかも知れません。気を付けたいのが、意外と歩くという点です。ですから、ロマンチックな場所だと思ってオシャレをしてヒールのある靴で行くと痛い目にあいます。必ず歩きやすい靴で行くようにしましょう。もう1つ注意点。水族館は、入館料を含め様々なものの値段が動物園より割高です。

■動物カフェ

猫カフェやふくろうカフェなど、動物カフェでデートをするのも良いですよ。ただし、これらのお店の多くは大学生の特権の学割がききません。1時間で1500円前後かかるお店が多いですから、頻繁に通うには少し厳しい場所です。服装も気を付けてください。動物の爪などで服が傷む可能性があります。毛のつきにくいものが良いですよ。

■普段とちがう食事ができるSAや市場

ドライブデートのついでに、普段とは違った食事のできるSAや市場、道の駅に立ち寄るのも楽しいですよ。地域によって違う特産品は、眺めているだけでワクワクします。値段は少々割高なことが多いですが、思い出料金だと思ってください。

■大学生デートにおすすめの場所【大学生デート記念日編】

誕生日やクリスマス等の記念日には、思い出に残るデートをしたいですね。ちょっとお金をかけて、素敵な思い出を作りましょう。気を付けたいのが、予算です。お金をかけるといっても、自分で稼いだ分で賄える範囲で済ますようにしましょう。親にお金を出してもらって記念日デートは恥ずかしいものです。これは肝に銘じてください。

■ディズニーランド

夢の国のディズニーランドは、思い出作りにピッタリです。「楽しい」をとことん演出してくれる施設ですから、それまでディズニーに興味がなかった人でもとても楽しめます。ランドとシーがありますから、彼女の誕生日にはランド、彼氏の誕生日にはシーと分けても良いですね。

■USJ

アトラクションがひんぱんに変わるUSJは、記念日を刺激的に楽しむのに適しています。毎回同じ経験はしませんから、記念日ごとに訪れても新鮮な気持ちで楽しむことができます。チケットに様々な種類があるので、行く前にチェックをしてから購入をするようにしましょう。

■少しいいホテルのディナー

記念日の食事は、「ディナー」と呼べるものにしたいですね。ホテルディナーでも良いですし、隠れ家的レストランでも素敵です。予約の時に予算を伝えておくと、スマートに会計ができます。ここで注意したいのが、テーブルマナーです。お箸を出してくれるお店もありますが、ナイフとフォークでの食事に自信がないなら本などで予習をしておきましょう。

■自分たちカップルのベストなデートをみつけよう

大学生デートで失敗しないためには、普段からの会話が重要です。相手が何をすれば喜ぶかだけでなく、自分が何を嫌だと感じるのかも言葉にしていってください。嫌なことは、どうすれば「好きなこと」になるかを考えて、言葉にしてみましょう。会話を重ねるごとに、自分たちカップルにベストなデートが必ず見つかりますよ。筆者は個人的に大学生デートに良い思い出がたくさんあります。良い経験をし、それが今に生きていると感じています。この記事を読んでいるあなたにもそうなって欲しいと願っています。素敵なデートを。(ふじかわ陽子/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません