元カレを忘れるための荒療治!性悪女気取りの心のつぶやき9パターン

恋愛
オトメスゴレン
2019/12/07 10:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

元カレを忘れるための荒療治!性悪女気取りの心のつぶやき9パターン


別れた彼氏のことを早く忘れたいと思っても、簡単には気持ちを切り替えられないもの。つらい思いに終止符を打ちたいなら、少し過激な思考法で元カレを頭から締め出すといいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「元カレを忘れるための荒療治!性悪女気取りの心のつぶやき」をご紹介します。


【1】「新しい彼女より私のほうがぜんぜんかわいい」と勝手に自信を持つ


「私はあの子に負けてないし大丈夫!と強がったら、失恋なんてたいしたことないと思えてきた」(20代女性)というように、自尊心を取り戻して、うつうつとした気分を振り払う方法です。思い込みでもいいので、とことん自画自賛して元気を取り戻しましょう。


【2】「これで貴重な休日を彼氏に邪魔されなくて済む」と解放感を味わう


「土日を好きに使える!って、すごくワクワクした」(10代女性)というように、彼氏がいないフリーの状態を、文字通り「自由」と解釈して満喫するのもいいでしょう。やりたいことをリストアップするうちに、元カレのことなど忘れてしまえそうです。


【3】「結婚する気はなかったし、別れて正解」と今の状況を肯定的にとらえる


「遅かれ早かれこうなってただろうし、まあいいかと」(20代女性)というように、「破局は必然だった」と認めてしまうと、心がスッと軽くなるようです。一年後の自分を想像して、隣に別の男性がいそうなら、元カレに固執する必要はないでしょう。


【4】「私と別れたら絶対後悔するのに、バカな男」と相手の判断ミスに呆れる


「『逃がした魚は大きかった』ってあいつが悔やむ姿を想像したら、元気が出た」(20代女性)というように、「別れて損をするのは向こうだ」と思えば、破局のダメージが和らぎそうです。その調子で心を強く保って、元カレときっぱり決別しましょう。


【5】「ああいう所もイヤだった」と元カレの欠点を列挙して想いを鎮める


「あんな男のために悩むことないなと思った」(10代女性)というように、相手の短所をひとつひとつ思い浮かべるうちに、「つまらない男」との結論に達した人もいます。わざと「思い出し怒り」をするのも、元カレを吹っ切るのに効果がありそうです。


【6】「そもそも付き合い始めた理由も覚えてないや」と愛情の欠如を再確認する


「惰性で付き合ってたことに気づいて、自分でも拍子抜けした」(20代女性)というように、そもそも以前と変わらぬ情熱があったのかどうか、自問自答してみるのも手です。単に情が残っているだけなら、「腐れ縁にならずに済んだ」と別れを前向きに考えられるでしょう。


【7】「次に付き合う人はイケメンがいいなあ」と早くも新しい恋を夢想する


「未来の彼氏を妄想したら、テンションあがりました」(20代女性)というように、新しい出会いに目を向けたら、意外にすんなり気分を切り替えられるかもしれません。二次元の世界に逃げ込むのもアリですが、リアルな恋愛にも意欲を持ちましょう。


【8】「素敵な男性と交際して、元カレに見せつけてやる!」とほくそ笑む


「元カレを見返すことを目標に過ごしてたら、いつの間にか立ち直ってた」(20代女性)というように、失恋の悔しさをバネにして奮起する方法です。動機はどうあれ、ネガティブな状態から抜け出せるなら、ひとまずヨシとしましょう。


【9】「地獄に堕ちろ!」と呪いの独り言を吐いて心の中でトドメを刺す


「頭の中で思いつく限りの悪態をついたら、今回のことが急にどうでもよくなった」(20代女性)というように、わだかまりを全部吐き出せば、気が済んでしまう場合もあります。これでもかと毒を吐きまくって、元カレへの未練を浄化しましょう。


どんなに過激な言葉を思い浮かべても誰に聞かれるわけでもないので、失恋からなかなか脱却できないなら試して損はないでしょう。(安藤美穂)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません