ディーン・フジオカ主演月9ドラマ「シャーロック」第3話あらすじ

エンタメ
モデルプレス
2019/10/21 10:00
【モデルプレス=2019/10/21】俳優のディーン・フジオカが主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「シャーロック」(毎週月曜よる9時〜)の第3話が21日、放送される。

ディーン・フジオカ/「シャーロック」第3話より(C)フジテレビ
(写真 : ディーン・フジオカ/「シャーロック」第3話より(C)フジテレビ)

【写真】月9「シャーロック」情報屋のスケボー少年・レオ役で注目 可愛すぎる美男子・ゆうたろうとは?

◆ディーン・フジオカ主演「シャーロック」

本作は、アーサー・コナン・ドイルの世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作。名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーの傑作を、現代の東京を舞台に映像化。

原作上“シャーロック・ホームズ”にあたる誉獅子雄をディーン・フジオカ、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一を岩田剛典が演じるほか、山田真歩、ゆうたろう、佐々木蔵之介らが出演するほか、第3話では女優の伊藤歩がゲストとして登場する。

◆「シャーロック」第3話あらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が若宮潤一(岩田剛典)相手に怪しげな実験をしていると、江藤礼二(佐々木蔵之介)が身元不明の死体を見てきたと教えに来た。

江藤はつまらない事件だと口にするも、逆に面白そうだと感じた獅子雄は状況を尋ねる。渋谷の空き家で、身元不明の老人の死体が発見されたという事件に獅子雄は空き家であったことに食らいつく。

早速、現場に向かう獅子雄たち。空き家は一等地の邸宅だが、江藤は曰く付きだと話し始める。そこは5年前に巨額の地面師詐欺の舞台になった邸宅。事件後に、詐欺被害に遭った建設会社の社長が邸宅で自殺したため空き家になっているらしい。

話を聞いた獅子雄は遺体があった場所を検分。すると、遺体の手に当たる部分に、折れた断面が新しく見える、3本の木の枝があることに気づく。

獅子雄たちが遺体安置所で科捜研職員から検死報告を聞いていると、小暮クミコ(山田真歩)が、死体の身元が割れたと報告に来る。死んだのは5年前の地面師詐欺犯人グループの1人だった。そこに、捜査二課の市川利枝子(伊藤歩)たちが現れて…。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません