初デートが台風で中止…また誘おう!と男性に思わせる一言9パターン

恋愛
オトメスゴレン
2019/09/19 11:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

初デートが台風で中止…また誘おう!と男性に思わせる一言9パターン


気になる男性にやっと声を掛けてもらったのに、タイミング悪く「デート当日に台風上陸」というのは意外によくある話です。そんなアンラッキーな事態にめげずに、改めてデートに誘ってもらうには、相手にどんな言葉を掛けるのが得策なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「初デートが台風で中止…また誘おう!と男性に思わせる一言」をご紹介します。


【1】「ほんとに残念…」と心の底からガッカリしてみせる


「そんなに楽しみにしてくれてたんだ!と感激して、すぐ誘い直した」(20代男性)というように、やや大げさに落胆すると、「会いたい気持ち」が如実に伝わりそうです。ネガティブすぎると「面倒な女だ」と思われるおそれがあるので、慎重に言葉を選びましょう。


【2】「やっぱり今から会いに行っちゃおうかな!」と待ち切れない様子を前面に出す


「もう一回誘っても断られることはなさそう、と安心した」(10代男性)というように、「自分は会う気まんまんだ」とアピールして、尻込みする男性を後押しする方法です。相手が奥手な性格なら、それとなくリードして「誘い文句」を引き出しましょう。


【3】「もういいやって諦めたりしないよね…?」と不安げに問い掛ける


「意外にかわいいとこあるな…とグッときて、相手をもっと知りたくなった」(20代男性)というように、わざと弱気な発言をして、男性の保護本能を刺激するのもよさそうです。いつもは強気な女性ほど、ギャップを強調できて効果的かもしれません。


【4】「もー、私を焦らそうとしてるでしょー」と気安いムードを作る


「中止になってガックリきてたけど、おかげでテンションが復活した」(10代男性)というように、軽口で暗い雰囲気を払拭すれば、「また誘おう!」とやる気を出してもらえるかもしれません。「明るくていい子だな」と高評価にもつながりそうです。


【5】「台風だけど会いに来てよ!」と冗談半分でかわいいワガママを言う


「『無茶言うなよ!』と拒否したけど、悪い気はしなかった(笑)」(20代男性)というように、「ワガママ」の形で自分の願望を伝えるのも、男性には好ましく映るようです。加減を間違えてムッとされないよう、かわいげのある言い方を心がけましょう。


【6】「あとからいい思い出になりそう」と自分達には先があることを匂わせる


「交際を視野に入れてくれてるなら、誘わない手はないなと」(20代男性)というように、「長い付き合いの中ではこんなこともある」と余裕を見せると、仕切り直すのが当然というムードに持ち込めそうです。すでにいい雰囲気になっているなら、先走った印象は持たれないでしょう。


【7】「続きは今度会ったときに…」とわざと中途半端にトークを締めくくる


「誘い直そうか迷ってたけど、好奇心が勝りました」(20代男性)というように、「会ったときのお楽しみ」を用意して、相手をつなぎとめる方法です。「かわいいスカートを用意したんだけどなあ…」などと妄想に訴え掛けるのも効きそうです。


【8】「次また雨でもここなら大丈夫そう」と確実に会えるプランを提案する


「相手の意気込みが伝わってきて、結局二人でアイデアを出し合った」(20代男性)というように、デート実現に向けて自ら知恵を絞ると、男性にも本腰を入れてもらえるかもしれません。自分勝手に盛り上がらないよう、相手の意見にも耳を傾けましょう。


【9】「一番早く会えそうなのは…」と早速スケジュールを調整し始める


「向こうがすでにその気だったから、がんばらないで済んで正直助かった」(20代男性)というように、主導権を握って「次回」のお膳立てをしてしまうのも、案外よさそうです。相手の反応が好感触なら、どんどん話を進めてしまって大丈夫でしょう。


時間が空くと気分が盛り下がってしまいそうなので、タイミングを逃さないようにしましょう。(安藤美穂)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません