嵐・大野智、松本潤の行動に「マジか!」 結成当初を振り返る

ニュース
モデルプレス
2019/08/25 13:11
【モデルプレス=2019/08/25】24日18時30分から放送スタートした日本テレビ系「24時間テレビ42 愛は地球を救う」内の「生しゃべくり007」コーナーに、嵐の大野智と松本潤が出演。結成当時、お互いに合わないと思っていたと明かした。


【写真】「花男」F4集結!松本潤・小栗旬・阿部力、松田翔太の結婚祝福でファン興奮

◆松本潤、大野智に敬語で話していた結成当時を回顧

チュートリアル・徳井義実から「嵐結成当時、こいつとは合わないと思っていたメンバーは?」という質問をぶつけられた大野と松本。松本は腕を組み、考え込むようなしぐさを見せながら「僕はリーダーですね」と回答。

松本は、「相葉くんとニノは同じユニットみたいなのを組んでたから近かったし、翔くんは帰りの方向が一緒だったから一緒にご飯食べたりとかよくしてたんです。リーダーは一番接点なかったんで、始まった当初は(大野が)先輩なんで、僕は敬語だった」と他の3人に比べて大野は距離が遠かったことを明かし、「そこから始まってるから、一番コミュニケーション取らなきゃいけなかったのはリーダーですね」と当時を回顧した。

◆大野智、初めて飛行機で隣になった松本潤の行動に「マジか!」

続けて「大野くんは誰?」と問われた大野も、「彼です」と松本を選択。くりぃむしちゅー・有田哲平から「子どもじゃないんだからさ、言われたから俺も言ってやるよみたいな」とつっこまれると、大野は「いや、本当に」と苦笑いした。

大野によると、当時、嵐で海外に行く際、大野は飛行機の席が松本と隣りになることが多かったそう。初めて隣りになったとき、大野が通路側に座っていたが、松本が飲み物やカップ麺などを何度もCAに頼んだことを振り返った大野は、「全然寝れなくて。めちゃくちゃ頼むな、こいつと思って。『こいつマジか、ずっとこいつとやってくのか』ってマジで思いました」と告白。松本を含めスタジオの笑いを誘った。

◆「一度もケンカがない」嵐の仲の良さにしゃべくりメンバー感心

最初はお互い合わないと思ったという2人だが、「同じグループだからもう(敬語)やめなよ」と大野が松本に提案したことから「徐々に…」打ち解けていったという松本。グループ内でのケンカは「1回もないですね」と明かし、「仲良い」としゃべくりメンバーたちを感心させた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません