「家族に紹介しても恥ずかしくない彼女」の最低条件5パターン

恋愛
オトメスゴレン
2019/07/18 09:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

「家族に紹介しても恥ずかしくない彼女」の最低条件5パターン


彼氏との将来を考えるなら、早い段階で「親」に会わせてもらいたいもの。どんなにお願いしても家族への紹介を渋られるようなら、もしかしてあなたに何か不安を感じているのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『家族に紹介しても恥ずかしくない彼女』の最低条件」をご紹介します。


【1】礼儀正しく挨拶ができること


「どんなにいい子でも、まともな挨拶ができない彼女だと、親には紹介はできないですね」(10代男性)など、彼氏の親に引き合わせてもらうなら、やはり「挨拶ができること」は基本条件のようです。たとえ極度の人見知りだとしても、一人の大人としてきちんと振る舞えることを彼氏にアピールしたいところです。


【2】言葉遣いが丁寧で、敬語を正しく使えること


「見た目がギャルっぽくても、敬語がばっちりだと『意外とちゃんとしたお嬢さんね』みたいな印象にはなる(笑)」(20代男性)というように、普段がどうあれ、ここぞという場面では言葉遣いに配慮できると、彼氏に安心してもらえるかもしれません。敬語に自信がなければ、いい機会なので勉強しておきましょう。


【3】目上の人に嫌な印象を与えないメイクや服装を心掛けること


「親世代は保守的なので、本人の好みじゃなくても白ブラウスや落ち着いたワンピースを着てほしいです」(20代男性)など、個性よりも親受けを優先できるかどうかも重視されるようです。年配者には理解されそうもないファッションを好む人は、「親御さんにお会いするときは清楚にキメるから」と宣言しておくといいでしょう。


【4】「玄関で靴をそろえる」など、基本的なマナーをわきまえていること


「育ちのよさとか常識があるかどうかみたいなことって、ちょっとしたマナーに表れると思うので…」(10代男性)というように、親の前で粗相があっては彼氏のメンツも丸つぶれになってしまうので、それ相応の行動が求められるかもしれません。日ごろから「常識がない」と言われる人は、ひとまずマナーの本でも買ってみましょう。


【5】いつも笑顔で、周囲に気遣いができること


「話がかみ合わない相手にも調子を合わせられる人だと、親との会話も大丈夫だなと判断します」(20代男性)など、朗らかで愛想のいい女性は、彼氏の親がどんなタイプであれ、任せられそうだと思ってもらえるようです。コミュ力に自信がなくても、とりあえずニコニコしている姿を彼氏の目に焼き付けておきましょう。


彼氏が自分に何を求めているのかを見極めて、賢く立ち振る舞いたいものです。(雪村一花)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません