“重たい彼女”に対する男性の本音5つ 別れたい以外にもある!

ライフ
モデルプレス
2019/06/18 23:30
【恋愛コラム/モデルプレス】「重たい彼女」と聞くと彼氏といつもトラブっているイメージがありますよね。しかし、男性は重たい彼女に対して様々な本音を抱いているよう。今回はその本音を5つご紹介します。別れたいのかそれとも別のことを思っているか気になるところです。

【他の記事を見る】「実はモテてる?」あなたの恋愛偏差値を見抜く10の質問

「俺がいないとダメなのかな」

「昔付き合っていた彼女がちょっと重くて…少しでもLINEの返事をしないでいると連投してくるし、電話もたくさん掛かってきていたし。その時は“この子は俺がいないとダメなんだろうな”って思った。別れた後にそういうわけじゃなかったって気づいたけど」(27歳/介護士)

男性の中には、彼女が自分を頼りにしてくれると「この子は俺がいないとダメなのかな」と思う人もいます。

そのため、彼女が少しでも不安がっていると「なんとかしなきゃ!」という義務感を抱くように。

しかし、この関係はお互いのことしか見えなくなる“共依存”になってしまう可能性があります。

彼のことを信頼して、適度な距離を保つのも大事と言えるでしょう。

「まあ浮気はしないでしょ」

「これだけ俺のことを好きって言ってくれているから、浮気はしないよなあ…って思う。でも、彼女の要求に答えられなかったりして“寂しかったんだもん”って言って浮気されたことあるからなぁ…」(23歳/大学院生)

重い彼女は彼氏のことが好きすぎて、自分を見てもらうために色々な行動を起こしている人が多い傾向にあります。

ということは基本的には常に彼氏を見ていて生活の中心が彼氏になっているので、他の男性には目もくれない安心感があります。

男性としては「重いなぁ」と感じても、自分以外の男性を見る心配がないため浮気はしないだろうと考えていることも。

しかし、彼女側が寂しさを感じると浮気に走ってしまう可能性があるのでここも要注意と言えそうです。

「一生懸命になってくれているんだな」

「僕の彼女は周りからは“重くない?”って言われるけど、僕は“一生懸命になってくれているんだなあって思う。だから負担だなんて思ったことはないな」(28歳/飲食)

愛されるために必死で彼氏の気を引こうとする重い彼女、男性の目には一生懸命に見えるので「可愛い」と感じてもらえることがあります。

しかし、自分を磨いたり好きな料理を練習したりするのは、全部彼氏のためだというのが分かると「愛おしい」なんて思ったりするようです。

「彼のため!」という行為が多くなればなるほど重いと感じる人と、嬉しいと感じる人に分かれるのかもしれないですね。

「俺、今超愛されている!」

「俺は重い子別に嫌いじゃないよ!むしろ“今超愛されている”ってポジティブに考える。俺にもっと見て欲しいって思って色々しているわけでしょ?可愛いじゃん」(29歳/メーカー)

重い彼女はいつでも彼氏に愛されることを考えて繋ぎとめようとするため、しばしば縛り付けたり愛を確かめたりしすぎてしまいます。

しかし、それを「重い」の一言で片付けるのではなく、愛されていると感じる男性も一定層いるようです。

自分の気を引きたくて色々する姿を見る度に「愛してくれているんだな」と強く感じるので、彼女のことをより愛おしく思うのだとか。

重いと感じる前に愛されると感じてくれる男性を見つければ、重い彼女とそこまで思われませんよ。

「一途に思ってくれているんだな」

「重いっていうか、一途に俺のことを好きでいてくれているんだなと思う。俺は一途に思ってくれる女の子が好きだから、そういう彼女羨ましいなあって思うよ」(20歳/学生)

男性側が愛されることを求めている場合、一途に愛してくれる女性でないと安心できないと考える人もいるようです。

だから他の人には重い彼女認定されるような女性でも、その男性にとっては信頼できる最高の彼女だと思ってもらえるはず。

一途に思われるのが良い…と考える男性を好きになった場合は、少しくらい重くなってみても良いでしょう。

重たい彼女と聞くと「あまり好かれないのかな…」と思ってしまいがちですが、意外とそうでもないこともあるようです。

あなたがもし、重たいと言われた過去を持っているのであれば「重たくても大丈夫だよ」と言ってくれる男性を探してみるのも良いでしょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません