恋愛(崩れた心)



それから私の心は
音を立てるように崩れ、精神的にぐれた。



1番の友達と1番の理解者である彼氏
そして居場所だと思っていた場所

全てを奪われるのは"辛い"どころじゃなかった



寂しさを埋めるために
私の性格は折れ曲がっていった。



呑めないお酒を呑み
裏切られるのが怖くなり


失恋の心を癒してくれた
時間を共にしてくれた
仲のいい友達の悪いところを言いふらした。



もうどうにでもなれとおもった。
当たり前に私は1人になった。




"今のあんたおもんない。一緒にいたくない。"




"もうええわ、なんもわからんくせに笑"
"嫌なら、離れたら〜?"
くらいの感覚だった。



いま思えば、自分にゾッとする。




悪口が嫌いで、悪口が始まると
さらーと消えていた私が悪口を始めた。


しまいには、悪い噂が流れた
言ってもないのに、"らむが言ってた"
と噂を回された。


でも、自業自得だ。


体はガリガリになっていき
助けてくれる人もいない。
ただただ強がって生きていた。



悪口を言う友達を集めていた。

もう巻き戻しできない。



今思えば荒れ狂っていたのだろう。
あとから、一気に崩れる日が来るけど



全然平気。私無敵。
くらいの感覚だった。




最低だ。




ハッと気づいたのは、ある友達が離れた時


何があっても
辛いよな。て傍にいてくれた子が



"もう無理やわ。"



と言ってきた時。


その一言に、全てが詰まっていた。


本当の孤独を知った。
泣き崩れた。


いま思い出しても息が苦しくなる。




このままじゃダメだ。




そう思って私がしたことは

悪口を言った人全員に謝ること。だった。



バカなのかもしれない。
"らむ、あんたの悪口ゆーてた!!"
なんて頭がおかしい笑



でも、ちゃんと説明して謝った。



許してくれない子もいた。
今でも離れてしまった子は戻ってはきてない



"言い訳やん。"
"話それだけ?"
'"時間返して?笑"



色々な言葉が飛んできた。
取り返しのつかないことをした。



全てを壊してしまったのだ
私の弱さで人を傷つけてしまったのだ。



でも、言い訳になるけど
それくらい衝撃的な別れだったことは間違いない



立ち直れたのは、ある男の子との出会いでした。
それは、次に書きます。


しおり
記事一覧を見る

RAMUの人気記事

  • ほやき(空気)
    投稿日時:2019-12-18 02:50:22
  • 恋愛話 続き (メンヘラになっちゃった)
    投稿日時:2019-12-13 01:53:04
  • わたしの恋愛+人生
    投稿日時:2019-12-12 18:35:08

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ