親友から「足が痛いから入院するよ。一週間くらいだって」笑いながら電話があった。

親友からの電話。

『たいしたことはないから一週間くらいだって』

笑いながらの連絡だった。

『そっか、がんばれよ』

まあ日常的な会話。

その時たいして気には止めなかった。


一週間後。
まだ入院してるとのこと。
エロ本を土産に病院を訪ねた。

病室に入るとそこには右足のない親友がいた。
いっきに視野が狭まり親友が見えなくなった。

その日の夜久しぶりに自転車で一緒に通った高校まで走ってみた。
16年前と景色はさほど変わりない田んぼ道…。

涙が溢れて止まらなかった。
今はもうその親友はいない。


癌だった。


足を切断しても全身への転移は止められなかったらしい。
でも親友は死ぬ直前まで生きることを諦めてはいなかった。

死ぬ前の日


『足が痛いんだ…
退院した後困るからさすってよ。
今まで親に迷惑かけたからさ
退院したら家業を継ごうと思うんだ。
帳簿だけでもつけれるようになりたいから簿記教えてくれよ』


がんばってた。

すごくがんばってた…。


その日から自分自身
【がんばる】って言葉を
使わなくなった。

というか使えなくなった。
親友に失礼で…。
何十年後かに親友に会うことがあるだろう。

『いい人生送れたか?』

と聞かれたら

『うん、がんばったよ』

と言えるようなそんな人生を送りたい。
しおり
記事一覧を見る

ゆまの人気記事

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ