遭難した女を見捨てたら結婚してた。「あの、助けてくれないんですか…?」42

自分で書いていてあの時のこと思い出して涙腺崩壊したわ。。。

ひとしきり号泣タイムが嫁母、親父さん、俺の順でおちついても嫁は泣きやまない
嫁母がもう泣き止みなさい、おとうさん結婚ゆるしてくれたよって言っても泣きやまない

俺、持参したハンカチ嫁に渡して涙ふくように伝えて泣き止むの待つ
皆、目が真っ赤かで特に嫁はすごかった
嫁母がちょっと洗面所に嫁つれていくと二人退席した。

居間には泣きはらした顔の俺と親父さん二人、気まずい

親父「まっ、ウチの娘ああいう泣き虫だけど宜しく頼むわ、もうお前に任せた」
俺「ありがとうございます」

この頃には親父さん元にもどりつつあって
親父「んで、もう嫁とやっちゃったのか?」
俺「いえやってません」
親父「なんだやってねぇの?」
俺「はい・・・・」
親父「まぁ二人共分別ある大人でもう結婚許したんだからいいけどよ〜」
親父「結婚式で嫁の腹に子供とか勘弁してくれよw」
親父「すぐに爺ちゃん婆ちゃんって呼ばれるのも嫌だしよ、楽しみは先のほうがいいから」
俺「分かりました」

嫁・母 居間にイン

その後は4人で楽しく話して無事終了、親父さん許可の元で嫁が家に初めて泊まりにきた
けど・・・・・結婚前はと嫁と約束したのでまな板の上の鯉状態の夜だった。






結婚許可もらって嫁が最初に俺の両親と親戚の墓参りして報告したと言うので次の週休み二人で墓参り行った
嫁は墓へ供え物とホウキとバケツと雑巾をホームセンターで購入してきた。

両親と親戚が眠る墓に到着した嫁はまず墓の掃除はじめた。。。俺も手伝うよって言ったんだけど
これが私のご両親への挨拶代わりだからって笑って掃除してくれた。
ホントにこの嫁さんと出会えてありがたいなぁと嫁とそのご両親と俺の先祖へ感謝の気持ちだった。
掃除終わった墓に供え物おいて二人で両親へ結婚の報告した。

結婚するよ!と会社の人に報告したら社員は驚き長老とトミさんは号泣してくれた。
その後、会社の人達の音頭で嫁お披露目会のようなものが行われ若い社員から冷やかされまくった
トミさんと長老は両親他界後の親代わりみたい人達だったから二人とも嫁を気に入ってくれて何よりだった

結婚式は俺が親族いない事もあるので身内
(嫁ご両親と直近の親戚、親代わりとして長老とトミさんと長年お世話になってる取引先の社長ご夫婦)
で行われた。

二次会は嫁友達や俺の友人、会社の人間とか参加して祝ってくれた。
結婚式はとくに出来事はなくて嫁が相変わらず泣き虫で親父さんも泣いたりとそのくらいだった

新婚旅行は嫁の希望で翌年の2月まで延期だった。
仕事も忙しいのもあったし出来るだけ嫁の希望汲んで旅行しようと思ってたから。
その後は平穏で穏やかな日々で俺は充分幸せで嫁も事あるごとに「幸せですね〜」と言ってくれた。

しおり
記事一覧を見る

ゆまの人気記事

  • 親友から「足が痛いから入院するよ。一週間くらいだって」笑いながら電話があった。
    投稿日時:2018-10-04 21:02:07
  • 『もう大阪出る』不倫嫁「えっ」→5分後、俺『東京着いた』1
    投稿日時:2018-10-10 20:42:04
  • 遭難した女を見捨てたら結婚してた。「あの、助けてくれないんですか…?」42
    投稿日時:2018-10-03 06:41:41

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ