親父に彼女寝取られ3

服着せて話し合い。
以下、親父と彼女の言い分を簡単にまとめると


親父「母さんがいなくて本当に寂しかった。○ちゃん(彼女)と一緒にいるうちに好きになってしまった」

彼女「私もお父さんと一緒にいるにつれ好きになってしまった。でも一番好きなのはあなた!←(なんじゃそりゃ)」


本当に申し訳ないことをしたと二人で土下座するもそんなんで俺の怒りが収まるわけがない

「てめえ!それでも俺の父親か!何で息子の彼女を寝取ってんだよ!」

「寂しかったんなら他の女つかまえてくればいいじゃねえかよ!何でよりによってこいつ(彼女)なんだよ!
てめえ単に若い女とセックスしたかっただけじゃねえのかよ!!」


親父の胸倉掴んで思いつく限り罵倒を浴びせた。
泣きながら大声で喚いた。

親に「てめえ」なんて言うのも初めてだし胸倉を掴んだのも初めて。
親父はすまない、すまないと繰り返すだけ。
息子に土下座する親の姿なんか見たくない。


そんな親父の顔を思いっきり殴ってしまった。
殴られたのは数回あったが殴ったのは初めて。


彼女が「やめて!」と泣きながらしがみついてきたのでこいつも殴ってやろうかと思ったが、 途端に何ともいえないやるせない気持ちになり拳に力が入らなくなった。

彼女を引き剥がして座り込んだ。もう涙しか出なかったよ





しおり
記事一覧を見る

ゆまの人気記事

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ