ふーーーん、で?1

高校の時のお話

高校ではそこそこの進学校にいた。
成績はそこそこいい位、スポーツはそこそこ、短距離(100mまで)では学年3番だった。

実際体育測定?を5月頃に行うまで何もやっていない(上2名は中学で陸上部)自分の足が速いとは思わなかった。
特にやりたい部活もなく放課後は適当に遊んで帰ってた。

とあるひ陸上部の顧問が声をかけてきた「陸上やらないか?」と声を掛けられた。

以前から陸上部所属の友人から練習がきつすぎる、
意味のわからない練習モドキばかりさせられるその他色々きいていたし、
陸上部の練習を見てもただのしごきにしか見えなかった。皆全員楽しそうじゃない・・・・

そもそもスポ根?ってのが一番きらいだった。
さらに走ることに興味があんまりなかったので断った。

それからその陸上部の顧問の嫌がらせが始まった。


体育の教師なので体育の授業はそいつ受け持ち。
なにかにつけ

「根性のないやつはだめだなーすべての基本がなってない」
「根性ないやつはなにやってもだめ」

なにかと根性をからめてネチネチしてきた。
しかし、別に他に攻めどころがないので体育の授業の時だけネチネチしてきた。

とっくに嫌われているのは解っていたので適当に流していた。







しおり
記事一覧を見る

ゆまの人気記事

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ