なんで戻ってきた1

引越しの終わったその日、僕は初めての一人暮らしに浮かれていた。
地方から大学通いのため都会に出てきて、そりゃあ不安はある。でも、それ以上の高揚感が僕を包んでいた。

6畳1間の古ぼけたアパート、とても城だと思えるような間取りではないけど、
それでもここから何かが始まるような予感がしていたんだ。

その日なかなか寝付けなかった僕は、2時ごろ歯を磨いていた。
そのとき、ふとガラスを横切る影。
後ろを振り向いても、何もそこにはない。洗面所から出て、狭い部屋を見回ても、何もない。

きっと、今日は疲れているんだなと思い、洗面所に戻った。
すると後ろから『クスクス……』という女の子の笑い声。

今度は、気のせいじゃない。

背中に走る悪寒。気温が急激に下がったような感覚。

僕は歯磨きも途中のまま洗面所を出ると、布団に包まり、顔だけを出して
きょろきょろとあたりに様子を伺っていた。


『クスクス……』


声は、部屋のどこから聞こえてくるのかわからない。
ぼんやりと薄暗い部屋の隅?さっきいた洗面所からだろうか?
それともすぐ近く……?そう、僕の後ろから……


「バーカ」


左の耳たぶの裏から、吐息まで感じられるような声を聞き、僕は気を失った。





しおり
記事一覧を見る

ゆまの人気記事

  • 親友から「足が痛いから入院するよ。一週間くらいだって」笑いながら電話があった。
    投稿日時:2018-10-04 21:02:07
  • 『もう大阪出る』不倫嫁「えっ」→5分後、俺『東京着いた』1
    投稿日時:2018-10-10 20:42:04
  • 遭難した女を見捨てたら結婚してた。「あの、助けてくれないんですか…?」42
    投稿日時:2018-10-03 06:41:41

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ