快楽特急6

一時間後、見慣れない家電

「あの〜○○さん?」
【はい】

「家の娘の様子が変なんですが・・・何かあったんですか?」
おかんでたー!!
【どうかしました?】

「今日は○○さんと一緒だったって聞いたもので」
【いえ、今日は一緒じゃなかったですよ、彼女はイケメンとデートしてましたけど】
「えぇ!!!」

なんだかんだおかんさんに説明して終了。

「すいませんでした・・・」
【いえいえ、いいんですよ。私はもう居ない事になってますんでww】

また一時間後、メール。

「私を○して!○してよ!」
【大変ながらくお待たせ致しました】

「はぁ?」
【快楽特急まもなく発車いたします】

「何言ってんの?」
【次はイケメン、イケメンで御座います。嵌めまくりの肉便器の方はお乗換えです】
「氏んで、あなたの元へいく!」

【本日の車掌はイケメンが目的地までご案内致します】
「絶対許してもらうまで頑張る!」

【それではまもなく発車のお時間となります。皆様お乗りになってお待ち下さい】
「なんで?なんで答えてくれないの!」

【発車します。閉まるドアご注意下さい】
「ほんと!お願い!」

【快楽特急にお乗り頂きましてありがとうございます。次はイケメン、イケメンです
嵌めまくりの肉便器の美香様はお乗換えです】
「ひどいよ!」

【ちゃんと降りるんだぞ美香ww】
「ひどいよ!お願い許して!」
【それじゃね!見送るよ!さよなら】

携帯アド変更。
さよなら美香。





平○綾似○Kにメイドコスさせて中出し
再生時間:53:50
mpo.jp



しおり
記事一覧を見る

ゆまの人気記事

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ