落ち武者に剣道を教わった1

今から8年前。丁度10月。俺がまだ厨房だった頃の話。

当時の俺は俗に言うDQNで学校なんかロクに行かない様なガキだった。
この時期になるとどの学校も体育の時間は剣道か柔道か選択して授業を受けると思う。
そこで腕っぷしの立つ頭格の奴らが『体育受けに行くぞ!』ってなったんだ。

不良言っても運動神経良い奴とか、マジで滅茶苦茶に強い奴とか、そんな奴らばかりだし体育教師とは友達状態だから割とどの学校でもよくあると思うけど。

俺らは「竹刀とかカッケェwww」と言う理由で剣道の授業を受けに行った。

……と思ったら、俺ともう一人(A)以外は柔道に行ってた。俗に言うハメられたのである。


Aと俺は柔道の方に行かせろと教師に言ったが聞く耳は持ってもらえず、仕方なくその日は剣道を受けることになった。

そして俺はであった。奴と。


二学期の初めに身長160ぐらいの転入生が着ていたのは知っていた。

そいつが剣道の授業を選択していたんだ。噂通りのイケメンだった。


身長160ぐらいでイケメンって言うのは変だけど、見るからに頭がキレそうな奴だった。(名称B)

そいつは、なんか左右に竹刀を振る稽古の時に一緒になったのだが、その時俺の顔を見るなり露骨に嫌な顔をした。


俺「なんだよテメェ?」

B「なんでもないけど、早くしろよ」

俺「ああ゛?」

B「はぁ……、これだから馬鹿は……」


そこでは教師が慌てて来て何もなかったのだが、無性に腹が立ったのを覚えている。


そしていよいよ。

剣道の最期に試合があり、何だかんだで俺はワクワクしていた。







しおり
記事一覧を見る

ゆまの人気記事

  • 親友から「足が痛いから入院するよ。一週間くらいだって」笑いながら電話があった。
    投稿日時:2018-10-04 21:02:07
  • 『もう大阪出る』不倫嫁「えっ」→5分後、俺『東京着いた』1
    投稿日時:2018-10-10 20:42:04
  • 遭難した女を見捨てたら結婚してた。「あの、助けてくれないんですか…?」42
    投稿日時:2018-10-03 06:41:41

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ