過去なんてさ…10

結局、俺は仕事しながら休日には妻を捜す生活がそれから3カ月。

残念ながら12月に入った今も彼女は見つかってないのよ。

離婚届はいまだ出さずにいるし、実家のご両親にも満足な説明ができないでいるわけ。
でもね、そうしているのは妻とはいつかまた会える気がするからなんだよね。


願っている、というより「絶対にそうだ」と確信してるよ。
元AV女優を妻に待つなんて、こいつはアホな男と思う人、多いだろうけど、もう別に気にしてないのね。

まぁ、これから先のこと考えれば、俺、いちおう国家公務員だから上にバレたら仕事は変えなくちゃいけないかも知れないし、周囲の冷たい視線とか偏見にゃ耐えなくちゃならないとか、いろいろ考えることはあるよ。

でもさ、AVに出てた女を好きになったわけじゃなくて、好きになった女がAV女優という過去を持っていたということだし。


まぁ世の中1人ぐらいこういうバカもいていいじゃないかと。

そう思いながらいつ妻が帰ってきてもいいように部屋片づけたり、夜中にはこんな形で顛末をまとめてみたり。こうしてる間に、


あ、ほら、玄関のチャイム鳴ったし。






しおり
記事一覧を見る

ゆまの人気記事

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ