K14歳の時何かが壊れた。

14歳の時私はすべてが嫌になった。


思えば私の今までの人生は小さい頃からすべて嘘で塗り固められて来た。


今でもそうだ。



嘘でしか人付き合いが出来ないのだ。


私の本来の存在をすべて否定し180度違う自分を演じる事で何とかその場をやっていける。


私は常に嘘をつき続ける人生だった。


じゃないと周りに怒られるし文句言われる。そんな人生だった。


14歳の時もう嘘がつけなくなった。


エレクトーンを辞めたいと言った。


言うのは凄く勇気が言った。何日間か悩んで悩んで決心して言った。



母の返事はこうだった。


「あんたは何をやらしても駄目だね。努力しないし、物事を続けない。」



私はその言葉にビックリした。


10年以上続けてたエレクトーンを続いてないとゆう母。辞めたいとゆう理由も聞かず私の存在を否定する母。


もうこの時駄目だと思った。


何かが崩れる音がした。


そして私は次の日カナヅチで鍵盤をぶっ叩いた。


もう弾かないですむように粉々に叩いて壊した。
しおり
記事一覧を見る

まみたの人気記事

  • L私が1度終わった。
    投稿日時:2020-05-15 02:54:04
  • K14歳の時何かが壊れた。
    投稿日時:2020-05-03 03:45:45
  • M怖いもの等無い
    投稿日時:2020-05-22 20:54:58

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ