切手を買いたい人は案外多く、収

切手を買いたい人は案外多く、収集家の間では高値で買われるものです。


切手買取を専門に行う業者がたくさんあってその競争は激しく、ちょっと調べただけでも意外なほどの市場の広がりを考えが及ぶのではありませんか。


当然ながら、インターネットの普及はネットを通した取引を生み出し、今後、様々な形で市場拡大が続くでしょう。


切手は紙でできていますから結構、扱いに注意が必要なものです。


殊に温度や湿度に弱いので、高価買取を目指すという意味でも保存状態には十分配慮しましょう。


ストックリーフ、またはストックブックのようなものを使って、直接日の当たらないところで保存してください。


湿気が多い場所もやめてくださいね。


通常、一枚一枚の切手の値段というのはものすごく高い値段になるということはあまりなく普通では考えにくい莫大な量の切手を買い取ってもらうという場合でなければ、税金のことを考慮する必要はありません。


ですが、一口に切手と言っても、額面の値段を超えるような貴重なものも存在し、そういったものをいっぺんに売ろうとした場合、びっくりするほど高値になりもしかしたら税金の申告をしなければならなくなるかもしれません。


お年玉付き年賀はがきで記念切手をもらえることは多く、ふと見てみれば結構な枚数になっていました。


考えてみると、官製はがきを使うことはありますが、後は電子メールで年賀切手は日常の文書に使えず、切手を貯めておいても仕方ないと思いました。


金券ショップなら切手も買い取ってくれると知り、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。


身分証明書の提示の他、書類を読んで署名させられましたが、郵便局ではがきに換えるよりはいいお金になったのでちょっと嬉しくなりました。


切手のうち旧価格の物を持っていて、新しい価格の切手に換えてもらう時にはそれらの差額に加えて、手数料を別途で取られてしまいます。


10円以上の切手であれば5円が、1枚当たりの手数料となり、切手が10円未満だった場合は、二枚の合計の半分の値段が手数料となります。


新しく買う方がお得なこともありますし、時と場合によっては、切手を買い取っている業者に売ってしまう方がいいという場合もあるようです。


皆さんグリーティング切手を知っていますか?これは、キャラクターがプリントしてあったり、ステキな装飾がデザインされている切手です。


形についても普通の切手とは違っていていろいろなものがあります。


郵便物を華やかにする演出を施してくれる効果もあってコレクターの人にとっても価値を感じるものですから人気も根強いため、高価買取が実現しやすいでしょう。


切手を買い取ってもらう際に方法は切手買取業者へ直接出向いていく方法だけではなく「宅配買取」してもらう方法もあります。


その方法を利用する時には送料を負担してくれる場合や、買取業者の中には梱包材まで準備してくれるところも多いです。


ただ、まとまった量を買い取ってもらいたいというとき以外は適用外、ということもありますので注意しなければなりません。

しおり
記事一覧を見る

MR-2の人気記事

  • 集めた切手の量が膨大な場合には
    投稿日時:2021-01-19 15:00:00
  • 買い取ってもらう予定で切手を業者に査定してもらっても
    投稿日時:2019-08-21 06:00:05
  • 業者に切手を買取に出すときには、シート
    投稿日時:2019-08-20 04:42:04

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ