切手は紙製であるということから、思ったよりも

切手は紙製であるということから、思ったよりも取扱いの際に注意する必要があるものです。


中でも特に、高温、湿気によるダメージを受けやすく、高く買い取ってもらうためにも注意して保管する必要があります。


ストックリーフとかストックブックをうまく使って日の光を避けて保存するようにしてください。


また、湿気も避けてくださいね。


お年玉付き年賀はがきの4等が当たるのは毎年のことで、使うことがなく、貯まっていくばかりでした。


私は、はがきを使うことはあっても封書は出さないので、年賀切手を貼るような文書はなく、切手は使わないままだったのです。


金券ショップで切手を売れると知って、今まで貯まっていた年賀切手をまとめて持って行きました。


簡単な書類を読まされ、運転免許証を調べられましたが、使わない切手を引き取ってもらい、お金ももらえたのでちょっと嬉しくなりました。


決して実用的とは言えない外国切手であっても、海外ならではの特徴的な絵柄から、ある一定の人気があり思いのほかコレクションしている人が多数いる切手ではあります。


そういう訳で、買取を受け付けているお店も、多く存在していますが、価値が高いものでなかったときや、揃っていないコレクションであった時には取り扱ってくれないことも多いです。


使わない切手を売りたいと思い、買取ってもらえたとしても通常、切手の額面から何割か引いた額で買い取られることになります。


時には、数ある切手の中には、コレクションとしての価値があるものが存在し、高い値段で売れることもあります。


あなたが売りたい切手の価値は幾らかは認識しておいた方がよさそうです。


買取業者に切手を見てもらった後で、買い取ってもらう価格が思ったような金額ではなかったときや、思い出のある切手だった時、考え直し、持っておきたいと思う可能性もあります。


査定してもらった後にキャンセルしたとしても、キャンセル料は必要ないという業者もあります。


買い取ってもらいたい時は、事前に無料査定が可能であるか、買取をキャンセルすると取消料を取られるか、といったことを確認することが重要です。

しおり
記事一覧を見る

MR-2の人気記事

  • 集めた切手の量が膨大な場合には
    投稿日時:2021-01-19 15:00:00
  • 買い取ってもらう予定で切手を業者に査定してもらっても
    投稿日時:2019-08-21 06:00:05
  • 業者に切手を買取に出すときには、シート
    投稿日時:2019-08-20 04:42:04

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ