切手が破れてしまったら?

紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、では切手が破れてしまったら?郵便局は破損切手の対応というものはしていないのです。


そうであれば、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、すごくひどいものは使用不可ですが、わずかな破損で十分に額面が見えるような切手であれば、使える可能性が高いです。


ですが、買い取ってもらうというのは不可能に近いと思われます。


切手集めが趣味の人も裾野を広げており、買取市場では、意外なものが本来の価格をはるかに超えて買取金額もしばしば見られます。


どんな買取でもそうですが、価格は業者によって変わるので時間と手間をかけてでも、高値で手持ちの切手を売ろうとすれば、いろいろな手段を使って、多くの買取業者の査定を受け買取価格の最高値を調べるのが正解です。


切手は紙でできていますから思ったよりも扱いが難しいものです。


なかでも、温度や湿度に弱いので、高値での買取を実現するためにも、注意して保管する必要があります。


ストックリーフであったり、ストックブックであったりに入れて、日の光を避けて保存するようにしてください。


ジメジメした部屋も避けましょう。


お住まいに送られてきた郵便物に偶然、値打ちがある切手が貼ってあることもあります。


もしそういう切手であれば、買い取ってもらいましょう。


「でもこれ消印押してあるから駄目なんじゃないの?」という方も大丈夫ですが、全く使っていない切手と比べると買い取ってもらう額は下がります。


珍しい切手があれば売買に出してみましょう。


驚くほど高値で売れる切手がある可能性もあります。


切手を売りたい、どうしようというとき、切手買取専門の業者に売ると一番いいそうですが、金券ショップでも買い取ってもらえるので、利用してみましょう。


チェーン店からもと質屋まで、金券ショップは店舗数が多くにぎわっているお店も多いので初めてでも入りやすいところが多いでしょう。


買取相場は結構変わるもので、店舗、また査定する人によって買取価格に差もあるので手間を惜しまず、多くの店舗の査定額を比べて最終的な買取先を決めたほうがいいでしょう。


従来の場合、買い取る切手がどういう状態であるかをよく見て、切手料金から幾らか引いた値段が買い取ってもらう切手の価格となります。


けれども、切手の中には希少なものもあり、そういう場合はコレクターの中で高く評価されていて切手料金を超える価格となることもあります。


どのくらいの価値があるのか分からない様な切手を買い取ってもらいたい時には、パソコンを使って調べたり、直接買取業者に査定を頼んでみましょう。


切手を買い取ってもらう時、注意すべき点は信じられないような悪徳業者が存在しているということです。


悪徳な業者の場合、こちらがよく知らないということを利用し、普通より大変安く買い取ろうと試みてきます。


完全に見分けるということは困難ですが、前もって、利用した人の声を調べておけば、悪い業者に引っかかりにくくなると思います。


切手のような多数収集することが多いものは、それらをひとまとめにして、実際に業者に直接行って店頭で買取してもらうとなると、それを査定する時間に待ち時間が長くなることがあります。


そう考えた場合、ウェブ上で切手の査定をしてもらうことは、どこにいて何をしていても、手続きすることが出来るため、有効活用できます。




しおり
記事一覧を見る

MR-2の人気記事

  • 集めた切手の量が膨大な場合には
    投稿日時:2021-01-19 15:00:00
  • 買い取ってもらう予定で切手を業者に査定してもらっても
    投稿日時:2019-08-21 06:00:05
  • 業者に切手を買取に出すときには、シート
    投稿日時:2019-08-20 04:42:04

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ