心電図とは何か、なぜ心電図が必要になるのか


心電図は、心臓に関連した不安や症状がある人には必ず必要な検査です。

心電図は、心臓に関連した問題や症状を診断するために必要なものです。

この検査は、10個の小さな粘着パッド(電極)を胸壁と患者の手足の異なる部分に貼り付け、電極に接続されたワイヤーをECG機器に接続することで行われます。

このワイヤーは、心臓の電気的運動の詳細を電極に伝えます。

この電線は、冠状動脈の心臓の電気的運動の詳細を電極に伝え、その情報はheart ekgレースとして表示されます。そのためには、心臓の電気的な運動の呼び出しと伝導を高めるために、粘着パッドを置く直前に髪を剃ることが重要かもしれません。

従来の12誘導心電図では、心臓の電気的活動の全体的な大きさを12のユニークな角度から測定し、通常10秒という短い間隔で記録します。このように、心電図の記録は、10秒という短い時間の中で流れている当事者だけを捉えることができるため、断続的な機能や非永続的な機能を見逃してしまうことがあるのです。このように、ECGは必要なスクリーニングリソースではありますが、一方で、心臓の病気を決定的に評価するための機器としては制限されています。

健全な心臓の電気的活動は、心拍の間、心臓の上部の部屋(心房)から始まり、いくつかの導電性繊維を経由して、心臓の下部の部屋(心室)へと整然と進行します。冠動脈の電気的プロセスは、心臓が正しく機能するために重要である。

通常のECGパターン中の変更は、冠状動脈の量とリズムの障害や、冠状動脈の血流不足など、多くの心臓の異常で発生します。心拍数の問題以外にも、心電図の異常は様々な状態を示します。心拍異常には、頻脈と呼ばれる速い心拍数、徐脈と呼ばれる遅い心拍数、冠状動脈ブロック、心房細動などの不整脈などがあります。また、心室や心筋の肥大に関する手がかりも得られるかもしれません。

心電図の解釈に習熟した医師は、心室の大きさ、仕切りの厚さ、心臓の構成と性能、そして実際の電気プログラムに関して、心臓のポイントを反映heart ekg多くの知識を得ることができます。ECGは、心拍数やリズムの測定、心臓の充電量の妥当性の判断、心室の大きさや位置、心臓の筋肉量や伝導手順に対する事前の損傷の有無などに役立ちます。また、心筋梗塞が発症しているかどうか、過去に発症したことがあるかどうかを判断するのにも役立ちます。

しおり
記事一覧を見る

junxinmamaの人気記事

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ