「笑い」は心の栄養、万能治療薬




 心と身体をつないでいる自律神経。



「笑い」の効果が漢方薬や鍼灸、



果てはケミカルなお薬にも匹敵する程の効果が見込まれるということは今や常識です。



たとえば、憂鬱な気持ちのときや、




ストレスを抱えている時に身体を動かすのが億劫になりますが、





そのような精神状態の時に「散歩」をしてみたり、身体を伸ばすなど、




ストレッチをしてみると良い気分転換になります。





これは、自律神経と副交感神経の程よい揺れが関連しているからなのですが、




ストレスでバランスを失って極端に傾いていた自律神経の是正が行われるからなのです。

 



このことは「笑う」ということもでも同じ効果を発揮します。

 




「笑い」は「喜び」の感情とつながっている副交感神経反射で、




ストレスを感じ交感神経が優位になっているときには、





笑うことで副交感神経が優位になる揺れを起こすことができるのです。





笑って自律神経のバランスが整うということは、




ごく自然な治療法だともいえるのです。
 





また、笑うことで優位になる副交感神経は血行を促進して、





筋肉の緊張を緩めて心をリラックスしてくれるのです。





副交感神経が優位になると身体の免疫力は上がります。

 




実は、東洋医学の鍼灸治療や漢方治療もこのような血行を促進させて





筋緊張を解きほぐして体調を整えるという作用をもたらします。





つまり「笑い」の効用は副作用のない健康法のひとつだということなのです。
 





不思議な話かもしれませんが、






がん患者の集団が集まって皆で笑いながら温泉に入ったり、





菜食生活をしていていたら長生きしていた、





というケースも報告されています。

 





ここでいう「笑い」とは作り笑いでも同様の効果が見込まれます。




とくに、強いストレスの中にいる人ほど




交感神経のほうに強く傾いているので、




おかしくない時でも意図的に笑ってみるだけでも効果は絶大です。





 このことは昨今、臨床現場でも評価されるようになり、




NK(ナチュラルキラー)細胞の活性化が笑いによってもたらされ、




患者さんの免疫力向上につながるということが、確かめられています。
 



NK細胞はニコニコ細胞とも呼ばれる白血球のリンパ球の(細胞)のひとつです。





NK細胞が増えるのは、リンパ球でありながらも





副交感神経がが優位になった時ではなく、




交感神経が優位になったときです。





そのような「命の救世主」であるNK細胞の活性化に






「笑い」は最も有効となる訳です。





笑うことでNK細胞が免疫力向上の本領を発揮して、





自然治癒力をもたらしてくれるのです。





無理してでもニコニコ顔をしてみるだけでも




NK細胞の活性化に役立つというのですから不思議ですよね。

 





たとえ、笑いすぎて皺が増えたとしても肌の色艶は良くなりますし、





人生も愉快になるのでしたら、笑い皺はご愛嬌です。





「笑い」というたわいの無いことが、






身体の免疫力をアップさせ、




身体の反応が間違った方向に傾くのを微調整してくれるのですから





ラッシャー木村の「ワッハッハッ!」というアレも実は




理にかなった健康法であることが伺えます。

 





付け加えますと「涙は心の栄養」と言うように、





涙を出すのも実は健康的なホメオスタシス(恒常性維持機能)の一環でもあるのです。





あんまり笑いすぎて涙が出ることがありますよね。





実はあれ、かなり健康になっているんです。





「喜怒哀楽」を素直に表せるということはある意味





健康のバロメーターなのかもしれません。



ハートの打ち上げ花火

しおり
記事一覧を見る

Adusaの人気記事

  • ココナッツオイルの副作用に注意
    投稿日時:2014-12-18 17:20:07
  • 佐世保事件と精神科治療
    投稿日時:2014-08-02 05:05:56
  • 何故か込み上げてくる長男に対する拒否感
    投稿日時:2014-12-13 16:37:35

おすすめトピックス

ママカテゴリーランキング

ママカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ